手付かずの大自然で竿を出せる爽快感がたまらない磯釣り

狙える魚は多種多様で、メジナやクロダイ、
イサキといった上物はもちろん、石物、
大型根魚といった底物も釣ることができ、
しかも大型回遊魚まで狙える、
陸っぱり釣りにおいては
最高のポイント
といっても過言ではありません。

しかし、磯釣りは堤防釣りや渚釣りと比べて
圧倒的に危険がいっぱい

油断をすると、本当に命も脅かされるため、
磯釣りをするならそれなりの安全装備&対策をしっかりと
揃えておかなければいけません。

必ず用意して欲しいライフジャケット

何はなくても必ず用意して欲しいのがライフジャケット

磯釣りの場合、ライフジャケット
落水後に膨らむ膨張式ではなく、
浮力材が仕込まれたフローティングベストタイプ
選ぶようにしてください。

浮力材は厚みがありクッション作用があるため、
万が一磯から滑落してしまった時など、
衝撃から釣り人の体を守ってくれます

これが膨張式のライフジャケットだと、
体をもろに磯に打ち付けてしまい、
落水から生還できたとしても、大怪我は免れません。

必ず、フローティングベストタイプを買うようにしてください。

スパイクシューズ&ブーツで滑り防止

また、磯は滑ることも多いので、スパイクシューズか、
長靴タイプのスパイクブーツを履くことも心掛けてください。

スパイクは磯への足掛かりが、
スニーカーの比ではないので、かなり安全性が高まります。

スパイクシューズやブーツは、単なるスパイクタイプ、
スパイクフェルトタイプとがあり、より安全なのは
スパイクフェルトタイプです。

また、スパイクは使うほどに減り、使用頻度が高ければ
一年に一度は交換しないといけません。

そのため、磯釣りをメインに釣りをするなら、
多少は値段は高くなりますが、ソール交換ができるタイプ
購入しておくと、長く使えるので結果的にお得になります。

スパイクシューズ&ブーツは、
ライフジャケットともに欠かせないアイテム
です。

その他の安全装備&対策

上記以外にも、手の怪我を防ぐフィッシンググローブも必要ですし、
切り立った崖下で竿を出すなら落石から頭を守るヘルメットも必要になります。

備えあれば憂いなしという言葉の通り、
磯釣りをするなら安全装備はしっかりと揃えることが肝心です。

そのうえで、釣行前には必ず天候をチェックしてください。

磯は沖からの波をもろに受けるので、
沖が荒れていると磯を洗う大波を被ることも多いです。

また、潮回りも大切で、水位の高い満潮時は危険な磯もあるので、
必ずタイドグラフもチェックするようにしてください。

安全装備を揃え、天候と潮回りをしっかりと把握すれば、
磯釣りを安全に楽しめるかと思います。

無理な釣行はくれぐれもお控えください。

関連する海釣りポイント情報