磯釣りの有望ポイントの見つけ方は意外にシビアで、
小魚はどんな磯でも釣れますが、
大物を狙うのなら釣り場を慎重に選ばなければなりません。

しかも、一級の実績を持つ磯に入釣すれば釣れる
というわけではなく、大物が釣れるポイントに
いかに仕掛けを入れられるかが重要です。

そこで、いくつかの魚を実例にあげ、
ポイントの決め手を紹介します。

メジナの有望ポイントの見つけ方

磯釣りといえばこの魚、
メジナはすべての魚の中で指折りの人気を誇ります。

メジナは生息数が非常に多いため、
釣り人の工夫とポイントを見る目で、
釣果に差がでる
ことも人気の要素でしょう。

40cmを超える良型を狙う場合は、
大物ほど深場に潜んでいるものなので、
少しでも水深のある場所が絶対条件です。

また、メジナは潮の動きで食いが大きく左右されるため、
水深のほかに潮通しの良さも重要な要素。

より深いタナを狙いつつ、
沖の潮スジを回遊する個体を狙うことで、
良型が釣れる可能性がグッと高まります。

コマセによるポイント作りも非常に効果的なので、
配合エサをオキアミにしっかりと混ぜ込むことも忘れないでください。

オキアミばかりを撒いてしまうと、
魚が満腹となり逆に食い気が落ちることもあるので、
配合エサは非常に重要な存在です。

ヒラスズキの有望ポイントの見つけ方

ヒラスズキはルアーマンにとって特別な魚で、
人間にとって危険が伴う荒磯に好んで生息しているため、
そのハードルの高さゆえに神格化すらされています。

しかも、磯の周りが真っ白になるほどの
サラシが出ていることがヒラスズキを釣るための絶対条件
なので、
一年の中で釣れる条件が揃う日はそんなに多くありません。

そのため、ヒラスズキを釣るなら、
一ヶ所にとどまって狙い続けるよりも、
ラン&ガンでサラシが出ている磯を渡り歩いたほうが
釣れる可能性は高まります

ヒラスズキは生息数がそんなには多くないので、
もし磯から1m級を釣ったのなら、
一生の自慢となるほどの釣果といっても過言ではないでしょう。

アオリイカの有望ポイントの見つけ方

千葉県以西なら、ある程度潮通しがよい磯なら
どこにでもいるアオリイカ

しかし、藻イカとも呼ばれることでもわかる通り、
海藻が豊富に生い茂る場所ほど生息数が多いようです。

あまり海藻が多すぎる場所は釣りにならないこともありますが、
海藻帯の際や上を狙うことで藻の中に潜む
アオリイカを引っ張り出すことができます。

特に春~初夏は産卵期となるため、
産卵床となる海藻帯は超有望
です。

磯全体を見渡せる場所から、
海藻のあるポイントを探して竿を出すと合理的。

磯は非常に魅力的なフィールドですが、
危険が伴うので安全装備は万全にしてください。

磯で釣れる魚は良型が多いうえに、
ヤリトリにもテクニックが求められるため、
非常に高度な釣りが楽しめると思います!

関連する海釣りポイント情報