どこの堤防に釣りに行くのか、
釣り場選びはかなり悩むところです。

ド定番の人気堤防か、それとも鄙びたマイナー堤防にするか、
その選択はなかなか難しいもの。

そこで、この魚を狙うならここで間違いない!
という堤防の選び方をいくつか紹介します。

回遊魚を狙うなら大人気堤防へ

回遊魚は夏から秋にかけて岸近くに大挙して押し寄せ
サバやソウダガツオ、イナダ、サゴシといった魚を
誰でも気軽に狙うことができます。

これらの回遊魚を狙うなら、
マイナー堤防よりも大人気堤防のほうが圧倒的に有利
です。

人気の堤防は常に釣り人が入り、大量のコマセを撒いているので、
そのコマセに小魚が集まり、その小魚を食べに回遊魚がやってきます。

小~中型はもちろん、時としてワラサクラスの一発大物が
大人気堤防ほど出る可能性が高い
のです。

しかし、大人気堤防は人であっという間に埋まってしまうので、
カゴ釣りでもルアー釣りでも釣り座をキープするのは大変

盛期は夜の間に家を出て、
確実に釣り座を構えておくことをおすすめします。

尺根魚を狙うならマイナー堤防へ

カサゴやムラソイ、メバル、アイナメなど、
根魚ファンの方は結構多いと思います。

エサはもちろんルアーへの反応も良く、
さらには食味も最高なので、
まさに釣って楽しい食べておいしい魚です。

こういった根魚たちは成長が非常に遅く、
尺サイズになるには10年以上かかる
と言われています。

なので、人気堤防では尺サイズまで育つことが難しく
せいぜい釣れても20cmほど。

尺根魚を狙うなら、あまり釣り人がいない堤防で、
しかも見過ごされていそうなちょっとした隙間に
仕掛けを垂らしてみると、尺カサゴがバクリ!なんてことも。

また、ブラクリなどを少し沖に投げて、
じっくりと底を狙うのも効果的

マイナー堤防の竿抜けポイントをいかに探すか、
それこそが尺根魚を釣る一番の近道です。

アオリイカを狙うならネンブツダイの多い堤防へ

アオリイカはネンブツダイを常食しているので、
ネンブツダイの多い堤防ほどよく釣れます

墨跡がなくてもネンブツダイがたくさんいるなら、
有望ポイント
と思ってほぼ間違いありません。

ネンブツダイを付けエサにウキ仕掛けの泳がせ釣りで
アオリイカを狙うと、かなりの高確率で釣ることができますし、
もちろんエギングも有望です。

ネンブツダイのほかにベラ、メゴチ、ダボハゼなど
一見単なるエサ取りでも、それらがたくさん生息する場所は、
フィッシュイーターの好ポイントとなっていることをお忘れなく。

堤防釣りはお気軽なようでいて、
堤防によってそれぞれ性格が異なるため、
非常に奥が深い釣りでもあります。

狙いのターゲットによって堤防をセレクトすることで、
ぜひ好釣果を上げてください!

関連する海釣りポイント情報