陸っぱり釣りの中でも、ほとんどポイントを選ばず、
どこででも楽しめる投げ釣りですが、
そうは言ってもやはりよく釣れるポイントはあります。

釣り場自体も大切ですが、
同じ釣り場でもいくつかの条件をきちんと把握することで
釣果はグーンとアップするもの。

その釣果アップのコツを何点か紹介したいと思います。

水深を知ること

投げ釣りで仕掛けを投入したら、
着底までの時間をしっかりとカウント
してください。

もちろん正確な水深を知る必要はないですが、
そのポイントが深いのかそれとも浅いのかを
しっかりと把握しないと、よい釣果は得られません。

例えば夏場は、多くの魚が浅い場所でエサを荒食いするので、
深場をあえて狙うよりも、岸から近い浅場を狙ったほうが
よい釣果が得られやすい
んです。

逆に冬場は、浅いポイントは大気の影響を受けて
極端に水温が下がってしまう
ため、魚はほとんどおらず、
極力遠投して沖の深場を狙ったほうが有利

同じ釣り場であっても季節によって狙う水深を変えることで、
釣れ具合はまったく変わってきます。

また、魚によっては深場にしかいない、その逆の場合もあるので、
狙う魚が好む水深を知っておくとよいでしょう。

海底の変化

PEラインで投げ釣りをすると、
オモリが海底を這う感じが手元に伝わり、
海底が大体どんな様子なのかがわかります。

一見、何でもなさそうな砂泥底であっても、
急坂のようになっているかけ上がりや、
浚渫されて深くなっている船道など、意外に変化に富んでいるもの。

魚はそういった変化を好むので、
仕掛けをサビいている時に海底の変化が感じられたら、
そこで手を止め魚のアタリを待つのが効果的。

基本的に置き竿で狙うカレイやアイナメ釣りの場合も、
こういった変化のある場所で仕掛けをキープしたほうが、
断然、釣果アップが期待できます。

投げ釣りは海底の変化を見極めることで、
同じ釣り場でも驚くほど釣果が変わってくるので、
海底の変化は絶対に見逃さないようにしてください。

例えばシロギスは砂底を好むため、
外道はクサフグやメゴチが多いです。

また、カワハギは、砂地に点在する
根周りについていることが多いので、外道はベラがほとんど。

例え本命が釣れなくても、本命と同じ生息環境を好む魚が釣れている時は、
そこは本命の有望ポイントである可能性が高いと言えます。

なので同じポイントをしつこく狙っていくと、
いずれ本命の活性が上がり釣れることが多いです。

もし、しつこく探っても外道しか釣れない場合は、
上下左右に仕掛けを投げ分け、いろいろと探ってみるとよいでしょう。

それでも外道しか釣れないようなら、
その釣り場は諦めたほうが無難です。

以上のようなコツを、それこそコツコツとまじめに実践することで、
釣果は飛躍的にアップします。

基本と呼ばれることなので、しっかりと抑えて投げ釣りを楽しんでください!

関連する海釣りポイント情報