大海原へ向かって仕掛けを投げる爽快さが
何より楽しい投げ釣りですが、大遠投&好釣果を目指すのなら
持ち物は投げ釣り専用の竿とリール、天秤やオモリなどの仕掛け類を
揃えただけではまだまだ不十分。

それら以外にも、これは欠かせない、
絶対に揃えておきたい投げ釣り必須アイテム
いくつかあるので紹介します。

PEライン(以下PE)

PEとは高密度ボリエチレン素材で作った釣り専用の寄り糸のことで、
ナイロンの約3倍の強さが持ち味。

細くて丈夫なPEは、軽く空気抵抗が少なく飛距離を出しやすいので、
例えば、投げ釣り大会などに出場する猛者たちは、
0.4~0.6号といった極細PEを使うこともあります。

しかし、PEは細糸ほど値段が高く、
極細PEともなると1万円を超える高級品

なのでただ趣味として楽しむためだけなら、
1~1.5号程度の太さでお買い得価格のPEで十分です。

それでもナイロンに比べれば飛距離は雲泥の差で、
それにアタリが取りやすいので、特にシロギスやハゼ狙いには最適です。

力糸

力糸とは、道糸に付ける太くて強い先糸のことで、道糸との結束部は細く、
先に伸びるにつれて太くなるテーパー構造となっています。

この力糸を付けることで、投げ釣りで頻発する
トラブルのキャスト切れを防ぐ
ことができます。

素材はPEもしくはナイロンとなっており、
高性能なのはPEでナイロンは安さだけが魅力です。

しかし、根掛かれば失ってしまうものなので、
PE力糸を使用するのは経済的に辛いものがあります。

軽いオモリであまり遠投しない場合のみ、
フロロカーボンハリスを力糸の代用にしても問題ありません。

フィンガープロテクター

仕掛けを遠投する際、仕掛けをキープしておく
人差し指に道糸が喰い込みスレて、強い痛みを感じます。

そのため、フィンガープロテクターで保護する必要があり、
多くの釣り具メーカーからリリースされています。

ただし、こういった専用の防具でもいいですが、
要は指を守れればいいのでテーピングや絆創膏などでも問題なし。
むしろ、指が自由に動く分、それらのほうが使いやすいくらいです。

また、フィンガープロテクターやテーピングなどをすることで、
指先の余分な力が道糸に加わらないので飛距離もアップします。

絶対に必要な便利グッズなので、必ず携行するようにしてください。

ほかにもこだわればキリがないですが、今紹介したものは竿やリール、
仕掛け類と同じ必需品なのでしっかりと揃えることをおすすめします。

また、アイテムに加えて付けエサにもこだわると、
かなり釣果アップが期待できますよ!

関連する海釣りポイント情報