一年を通して気軽に釣りが楽しめる堤防周りですが、
中には猛毒を持っていたり鋭いトゲや歯を持つ
危険な魚も少なくありません。

こうした魚についての知識は持っておいて決して損はないので、
今回はそうした危険な魚についての紹介と、
もし釣れた場合の対処法について簡単にではありますが紹介します。

食べると危険な有毒魚

フグ類全般

毒魚 フグ

毒魚 フグ

クサフグを始めとするフグ類全般
中にはサバフグのように無毒と言われている種類もありますが、
猛毒であるテトロドトキシンを持っているので
基本的には調理師免許を持っていない
一般的な釣り人が捌くのは厳禁
です。

釣れた場合は、すぐにリリースしましょう。

また、針を外す際に体表に触れた場合は、
すぐに海水で手をよく洗うと良い
です。

特に小さい子どもと釣りに行く場合は
魚を触った手でそのまま目を掻くなどする場合があるので、
注意しましょう。

ソウシハギ

毒魚 ソウシハギ(赤系もいる)

毒魚 ソウシハギ(赤系もいる)

見た目はカワハギの形をしているので、
何も知らずに持ち帰ってしまいがちですが、
こちらは海洋生物中で最も毒性の強い
パリトキシンを持っている
ので、
フグ類と同様に持ち帰りは厳禁です。

体表の模様が非常にカラフルなので
通常のカワハギやウマヅラハギとはすぐに見分けが付きますが、
ここ数年地球温暖化の影響からか全国各地で目撃例が出ているので
注意が必要です。

トゲなどに毒がある魚

アイゴ

毒魚 アイゴ

毒魚 アイゴ

グレ狙いのフカセ釣りやチヌ釣りなどで
時折ヒットする外道として有名なアイゴ
背ビレ、腹ビレ、尻ビレにそれぞれ毒があるので、
針を外す際などは注意が必要です。

素手で外そうとすると突然魚が跳ねて
暴れた際に刺される可能性があるので、
柄の長い針外しを使うことをおすすめします。

身自体には毒は無いので、
トゲを釣り場で切り落としてから好んで持ち帰る人もいます

ゴンズイ

毒魚 ゴンズイ

毒魚 ゴンズイ

夜釣りの時期によく釣れてくるのが
このゴンズイです。

背ビレと胸ビレに毒があり、
死んでもその毒は消えることはないので
時折堤防の上で転がっている死骸なども
踏まないように注意
して下さい。

また、ゴンズイは「ゴンズイ玉」とも呼ばれるように
大規模な群れで泳いでいることが多いので、
あまりにもゴンズイのアタリが続くようであれば
場所を大きく移動することをおすすめ
します。

こちらも釣れてしまった場合は
針外しなどを使って対応
して下さい。

仮にしっかりと飲み込まれている場合は
ハリスの部分でカット
すると良いです。

ハオコゼ

毒魚 ハオコゼ

毒魚 ハオコゼ

全国的にどこの堤防周りにも
必ずと言って良いほどいるのがハオコゼです。

体長も小さく数センチほどですが、
背ビレと尻ビレ、そして腹ビレには猛毒があり、
刺された場合は大変な激痛に襲われます。

針も外しにくいので飲み込まれている場合は
ハリスごとカットして対応
しましょう。

ちなみにオコゼの仲間はどれも基本的に毒を持っているので、
ハオコゼに限らず注意しましょう。

ウミケムシ

毒魚 ウミケムシ

毒魚 ウミケムシ

ウミケムシは主に投げ釣りなどでヒットしてきます。

見た目もケムシそっくりで、
体表が剛毛でびっしりと覆われていて
こちらも刺されると手が腫れ上がり激痛に襲われます

魚のように釣り上げられてから
跳ね回って暴れるものではないので、
ペンチや針外しなどで対応してすぐにリリースしましょう。

ウミケムシは釣り上げられた直後は体全体を丸めていて
一見すると何が上がってきたのが判別できないこともあるので
すぐに手で掴まないことが重要です。

エイ

毒魚 エイ

毒魚 エイ

エイは尻尾に猛毒があり、
大型のものになると分厚い長靴なども
貫き通すほど鋭利
です。

また、他の魚と異なりエイの場合は
自分から釣り人に対して積極的に攻撃して刺しにくる
ので、
針外しの際には特に注意が必要です。

尻尾の長さもあり少し離れていても
刺される可能性があるので、
常に尻尾の動きからは目を離さないようにしましょう。

ヒョウモンダコ

毒魚 ヒョウモンダコ

毒魚 ヒョウモンダコ

釣りでヒットすることは珍しいですが、
猛毒があるので万が一釣れた場合は
なるべく触れずにリリース
しましょう。

見た目も明らかに毒々しい柄をしているので、
通常のマダコやイイダコと見間違うことはほぼありませんが、
子どもなどは興味本位で触って噛まれる危険性があるので
注意して下さい。

基本的にヒョウモンダコに限らず
自分が見たことが無いものは触らず
周囲の人に確認するなどして
安全かどうかをしっかりと判断するように意識しましょう。

歯やトゲが鋭く危険な魚

スズキ(シーバス)

危険な魚 スズキ(シーバス)

危険な魚 スズキ(シーバス)

スズキはエラ洗いと呼ばれる独特のファイトや
都市の港湾部でも狙えることから人気のターゲットですが、
釣り上げた際にはエラブタの部分が
鋭利な刃物のように切れる
ので
手が触れないように注意して下さい。

タチウオ、ヒラメ、サワラ

危険な魚 タチウオ

危険な魚 タチウオ

危険な魚 ヒラメ

危険な魚 ヒラメ

危険な魚 サワラ

危険な魚 サワラ

これらの魚は引きも強く食味にも優れているので
堤防釣りの人気ターゲットですが、
写真で見ても分かるように非常に歯が鋭いので
針外しの際には出来るだけ
手を口周りに持っていかない
ようにしましょう。

特にタチウオ犬歯のような長い歯がびっしりと生えていて
胴体の方を掴むと首を振って暴れて、
少し触れただけでもかなりの出血を伴うので注意が必要です。

針を外す際にはエラの周辺を
タオルを使ってしっかりと片手で握って固定してから
にしましょう。

指幅5本以上の大型タチウオは顎の力も強く、
最悪の場合は指を噛み切られることもある
ので
細心の注意を払って下さい。

ヒラメやサワラについてもプライヤーなどを
事前に用意しておくと安全に対処
できます。

イカ、タコ類

危険な魚 イカ

危険な魚 イカ

危険な魚 タコ

危険な魚 タコ

イカやタコも人気のターゲットとして有名で
危険なイメージはほとんど無いかもしれませんが、
それぞれカラストンビと呼ばれる独特の形状をした口を持っていて、
噛む力も強いので油断をすると大ケガをする可能性があります。

特に足が吸盤状になっているので
手に巻き付かれると危険なので注意が必要です。

リリースせずに持ち帰ることが決まっているのであれば
先に締めて動かなくなってから針を外すのが最も安全です。

ウツボ

危険な魚 ウツボ

危険な魚 ウツボ

こちらも泳がせ釣りやブッコミ釣りなどで時折釣れてきますが、
ウツボは凶暴な性格をしている上に歯も非常に鋭いので
絶対に噛まれないようにしましょう。

陸に上げたあとは
仕掛けに全身を絡ませて巻き付いてくることが多い
ので、
外すのが難しいようであれば素早く仕掛けごと切って
リリースした方が良い
です。

サメ類

危険な魚 サメ

危険な魚 サメ

夜釣りなどで時折目にしますが、
こちらも歯が鋭いので注意しましょう。

小型のドチザメやネコザメなどであれば針を外しても良いですが、
1メートルを超えるような大型のシュモクザメ
波止に上げる行為そのものが非常に危険なので、
波止際で姿が見えた段階でハリス部分から切って離す方が安全です。

小型のものでも玉網から出す際などに
突然暴れ始めることがある
ので、
迂闊に近づかないようにしましょう。

堤防周りで釣れる危険な毒魚&魚介類まとめ

以上が主に堤防周りで釣れる危険な魚の一覧ですが、
基本的に自分が安全だと確信が持てないものは
安易に触れないという事が大事
です。

こちらが少しだけ注意することによって、
ほとんどの事故は未然に防ぐことが出来ます。

また、毒魚や危険な魚と言えども全て命あるものなので、
リリースせずに堤防の上に放置するという行為は厳禁
です。

こうした行為は悪臭もそうですが
死んでもトゲや毒が消えない魚がほとんどなので、
後から来る釣り人にとっても大変危険です。

昨今は釣り人のマナーが問われて
全国的に釣り禁止になる場所も非常に多いので
1人1人が基本的なマナーをそれぞれしっかりと意識していきましょう。

関連する海釣りポイント情報