シーバスは古くから海釣りの対象魚として、
全国各地で多くの釣り人に親しまれてきました。

大きなものでは1メートルを超えるものもいて、
身近な堤防から狙える魚としては
青物と並んで最大級のターゲットと言えます。

そこで今回はそんなシーバスを堤防から狙う方法について
シーバスの基本的な情報(釣れる季節時間帯タックルなど)と併せて
主にエサ釣りルアー釣りで狙う際の
ポイントと釣果アップのコツをご紹介致します。

シーバスが釣れる季節

シーバスが釣れる時期ですが、
基本的には1年間を通して釣ることが出来ますが、
強いて言えばエサとなるベイトフィッシュが多い
春と秋がベストシーズンとなり、水温が低下する真冬は
釣るのが難しいと言えます。

また、厳密には時期ではありませんが、
河口などでは大雨後やダムの放流後
小魚が川から大量に流れてくるので、
それを狙ったシーバスが
一時的によく釣れる
ということもあります。

シーバスが釣れる時間帯

シーバスが釣れる時間帯ですが、
他の多くの魚と同様に朝と夕方のマズメ時に
アタリが集中することが多い
です。

日中でも全く釣れないことはありませんが、
効率的に釣りたい場合は上記のマズメ時に絞って
釣行するのも1つの方法です。

また、例外的に昼間であっても
イワシが大量発生しているといった場合であれば、
アタリが出ることもあるので、いずれにしてもエサとなる
ベイトの動きに大きく左右されていることは間違いありません

シーバス釣りのタックル(竿&リール)

シーバス釣りのタックルですが、
平均的な50~80センチクラスを狙うというのであれば、
竿は一般的なシーバスロッドで問題ありません。

リールはエサ釣りとルアー釣り問わず、
中型スピニングリールが1台あれば十分に対応できます

長く使うことを前提とするのであれば、
有名メーカーの1万円前後のものを購入すると良いです。

特にリールはパワーのあるシーバスが相手となるので、
格安のものではやり取りに不安が残るので避けた方が無難です。

シーバス釣り用のライン

シーバス釣り用のラインは、PEラインの1~2号を道糸として、
フロロカーボンラインの6~8号をショックリーダーとして
組み合わせて使用
します。

どの号数を使用するかは、
釣り場の地形や障害物の多さなどを考慮して、
多少強引なファイトが必要となる場合は
太めのラインを使用
しましょう。

糸巻量としては不測のトラブルに備えて
200メートルも巻いておけば事足ります

エサ釣りでシーバスを狙う際のポイント&釣果アップのコツ

エサ釣りは普段シーバスが捕食している
アジやイワシをエサとして使用
します。

基本的には現地調達となるので、
活かしておくためのバケツとエアレーションは必須です。

仕掛けですが、市販の飲ませ釣り用仕掛けを
そのまま使用
したのでかまいません。

ハリスの号数としては6~8号もあれば、
大型のシーバスでも十分に取り込めます。

シーバスの場合はぶっこみ釣りよりも
ウキを付けてエサを泳がせた方がヒット率が高くなります

釣り場ですが、釣り方を問わず
例年シーバスの実績があるポイントを中心に釣りましょう。

過去の釣果などは釣り雑誌や
釣具店のスタッフに聞くのが、手っ取り早いです。

エサ釣りでの釣果アップのコツとしては、
シーバスはエサの捕食が下手なので、
アタリがあっても十分に飲み込ませてから
アワセを入れる
ということです。

上手く針掛かりしないようであれば、
孫針をセットしてみるのも1つの方法です。

また、アタリが無い場合
こまめにタナを調節して幅広い層を探るようにしましょう。

ルアー釣りでシーバスを狙う際のポイント&釣果アップのコツ

ルアー釣りでシーバスを狙う場合は、
バイブレーションやソフトルアーを使用して狙うのが
一般的
ですが、河口部でボラの幼魚などを
追いかけている場合は、プラグなどで表層を攻めるのも有効
です。

ベイトの種類やその日によってもヒットルアーが変わるので、
複数種類を必ず用意します。

アクションはルアーの種類に関わらず、
比較的ゆっくりとしたものにします。

シーバスは見た目に似合わず捕食が上手くないので、
早いアクションには付いていけずミスバイトも
どうしても多くなり、スレるのも早くなります。

ルアーでのシーバス釣りのポイントとしては、
ベイトフィッシュの動向を特に注意して、
常にエサが居着いている場所で
キャストをすることを意識
して下さい。

また、潮の変化が生まれて陰が出来ているような
内側がスリット状になった堤防や、
河口であれば橋げたの周辺などは
シーバスが居着いていることが多いので
重点的に攻めてみましょう。

しばらくアタリが無ければ粘らずに移動するか、
ルアーを変えるなどして
常に積極的に釣る姿勢
ルアーでのシーバス釣りで釣果を上げるコツになってきます。

シーバスを食べる際の注意点

シーバスの中には、
河口や工業地帯に居着いている個体もいて、
その場合は身の臭みが強烈で、
食用には適さないことが多々あります。

そのような事が予想される場所では、
リリースを前提として釣ることをおすすめします。

ちなみに、一般的な堤防で釣れた場合
十分に食用にできるので〆て持ち帰りますが、
〆る際にエラブタが非常に鋭利で危険なので注意しましょう。

関連する海釣りポイント情報