中型グレ釣り用タックルの選び方

主に口太グレの30cm〜50cmクラスまでが対象です。

竿は昔に比べ非常に軽く粘り強くなっていることから
1号から1.5号クラスがベストです。

長さは5mクラスが一般的で、
ハリスが2ヒロ(3m以上)と長い為、
短い竿は使い勝手は良いですが
食わした時のやり取りで不便な場合もあります。

逆に長すぎると持ち重りがして使い勝手が悪くなることから、
主流は5.3mクラスになっています。

50cmズームの竿もありますが
磯の場合はあまり必要性はないので
好みで合わせるのが良いでしょう。

リールはレバーブレーキが主流になっており、
グレ釣りでドラグは使わず、リールをフリ−状態にして
レバーブレーキを使います。

2000番〜2500番クラスで十分だと思います。

あくまでもリールは巻く、糸を出すという補助的なので、
レバーブレーキ付ならこだわる必要はないと思います。

道糸はナイロン、フロロなら2号クラス、PEなら0.8〜1号です。

PEは軽く、細く、強いですが水に浮くため
強風の日は風の影響を受けるので
仕掛けが釣りづらいという欠点
があります。

ナイロンが安価で一番お勧めです。

ハリスは1号から1.5号がベスト
フロロが主流となっています。

適度に硬く、適度に伸び、
ナイロンより強い為です。

針は小針が主流で4号から6号がメインで、
数ある種類から自分の好みで選べば良いと思います。

ウキは安価なものから高価なものまで様々です。
ウキは当たりを見るための一番重要な役割をします。

自分に合った色、サイズ、
あとは見やすさを重視して選ぶのがコツです。

ガン玉をうっただけで沈むほど
浮力を殺した浮きもあれば、
ガン玉や小さいオモリをうって
調整するタイプもあるので、
釣り具店で色々選ぶのも楽しいものです。

尾長大型グレ釣り用タックルの選び方

ターゲットが一気に60cm級になります。

とはいっても大型尾長の確率はかなり低いので、
中型も釣れて、大型も獲れるタックルが必要です。

竿は2号から2.5号にアップします。
離島などでは3号でも良いです。

リールもできればワンランクアップの
3000番クラスが良いでしょう。

道糸は2.5号〜3号
ハリスも2.5号から4号クラスですが、
連日釣り人に攻められているため、
あまり太いと食わないですが、
細めると獲れないというジレンマに陥ります。

針は尾長が相手となると軸の長い針が有利です。

尾長グレは歯が堅く
飲まれるとハリスを噛み切られます

その為、軸の長めの針が必要ですが、
現在メーカーから尾長専用が数多く出されています。

サイズも8号前後が主流ですが、、
大型の多い海域ではもっと大型が必要です。

ウキは基本的には同じですが、
潮流の速い海域もあり、このような海域では、
浮力が弱すぎると渦で潜ってしまうため、
浮力の強いものが必要です。

また、速い潮には水中ウキを付けて、
仕掛けの流れ方を調整
します。

グレ釣り用タックルに関する注意点

道糸にウキ止めを付け、
ウキを取り付け、途中にサルカンを付けたり
直結にする場合もありますが、
その下にハリスを2ヒロとります。

ガン玉はハリスの中間に打ったりしますが、
強く噛みつけるとハリスを潰しますので
注意が必要です。

水中ウキの場合
ウキの下にゴムクッションをいれたりして通します

最大の注意点は、
中型狙いの竿に尾長狙いの仕掛けを付けると
最悪竿が折れます

逆に尾長狙いの竿に、
中型狙いの仕掛けを付ける

簡単に糸切れを起こします。

全体のバランスが重要です。

関連する海釣りポイント情報