このページでは磯釣り
青物(ハマチ、ヒラマサ)を釣る際
ポイントや釣果アップのコツを始め、
ハマチ&ヒラマサの生態から釣り方(ルアー・カゴ釣り)
エサ必須アイテム、お役立ちアイテムなども紹介しています。

青物(ハマチ、ヒラマサ)の生態について

磯釣りの対象となるハマチは60cm〜90cmと、
地方によってはメジロやワラサと呼ばれます。

特に豊後水道周辺の速い流れに多く
群れで回遊しています。

通常は小魚の群れを追って捕食しますが、
小魚が減って来るとオキアミのエサに付きます。

ヒラマサは群れで回遊する場合
単独で回遊する場合があります。

ハマチ同様で小魚を追って回遊し、
黒潮の分流の当たる海域や、潮の流れの速い海域にいます。

海域によってはハマチと混成しています。
ヒラマサも小魚が居なくなるとオキアミを捕食し始めます。

ヒラマサは50cm〜1m以上と海域によってサイズは大きく変わります。

青物(ハマチ、ヒラマサ)釣りはルアー釣りとカゴ釣りの2種類

磯からの青物釣りは2種類あります。

一つはルアー釣りです。
近年流行している釣りで1年中狙えます

ターゲットが50cm〜1mと幅広い為、
大型にも対応できるタックルが必要です。

潮通しのいい磯を狙うのがコツですが、
他の磯釣り師と一緒に磯上がりすると
トラブルもあり得ますので事前の確認が必要です。

一方オキアミを使ったカゴ釣り
磯周辺に小魚が居なくなった時で、
時期的には一か月余りしかありません。

一旦ハマチの群れが磯に付くと
オキアミを定期的に捕食するため回遊する
ので
連日釣れるようになります。

限られた磯での釣りとなり竿の放列になります。

サイズも60cm〜90cm級なので
通常のタックルでは取り込めません。

釣れ出すと1日10本以上ということもあります。

ヒラマサは一定の海域で当たり出すと
散発的ではあるものの、こちらも連日釣れるので、
釣れ出してから釣行するのが得策です。

ルアーで青物(ハマチ、ヒラマサ)を釣る際のポイント

青物(ハマチ、ヒラマサ)のルアー釣りは
近年流行している釣り
です。

黒潮の分流が接岸する海域や、
潮の流れの速い海域離島など幅広い海域で狙えます。

時期は年中狙えますが、
一般的には小魚が磯近くを回遊する春や、
秋の時期が確率が上ります。

ルアーのロッド類は磯釣りなどと表記が違うので
戸惑いますが、対象を5キロ前後に絞れば良いです。

竿は磯ですから根ズレを考えやや長めが理想です。

リールは大型スピニング
道糸はPEの3号から5号くらい
ルアーをつけるリーダーはフロロの60ポンド前後です。

ハマチ・ヒラマサのルアー釣りのポイント
小魚を追っ居るときは表層から上層に居るため、
ルアーはフロートタイプが良いですが、これで食わない場合は
シンキングタイプも使います。

状況に応じて変更するのが理想です。
また魚が大きい為必ず大型玉網が必要です。

一日中力いっぱい投げては巻く、
しゃくるを繰り返しますので相当な体力が必要です。

また食わせた後は強引な引っ張り合いとなります。
磯での青物はやり取りは無用です。

カゴ釣りで青物(ハマチ、ヒラマサ)を釣る際のポイント/

カゴ釣りはハマチ、ヒラマサ全盛の
昭和に確立された釣り方
です。

5m40cmクラスの竿に道糸10号前後に
大型のウキと、オモリ、大型のカゴ、
ハリスは8号から14号の大型の針を付け、
潮の本流に乗せて流す釣りです。

全盛時代は毎年10月ごろから釣れはじめ、
翌年3月ごろまで釣れていました

これはオキアミというエサに
青物が狂ったように飛びついたため
です。

しかし近年は一番釣れる豊後水道
3月前後に回遊が始まり約一か月間
カゴ釣りで釣れます。

釣り方は大型カゴにオキアミを詰め込み、
オキアミを刺し餌にして本流に投げ込みます

ウキ下は竿2本から3本分です。

カゴ釣りでのポイントは
ただひたすら流すだけ
ですが、
ハマチやヒラマサが食うとウキを見ていなくても、
フリーにしたリールから凄い勢いで道糸が出だします。

態勢を整えてベイルを戻し
思いっきりポンピングで引っ張り合
いをします。

ハマチは比較的底まで潜りませんが、
ヒラマサは底を縫うように走ります

中途半端なやり取りでは根に入られてバラします
1日5本も釣ると翌日足腰が立たなくなるくらい激しい釣りです

青物(ハマチ、ヒラマサ)釣りに使うエサ等について

カゴ釣りにおいてもエサはオキアミですが、
基本はボイルの大型を使います。

カゴに詰めるまき餌もボイルです。

刺し餌は目立たせるために
2匹抱き合わせに刺す場合もあります。

また釣り人の多さやまき餌の多さで
近くを回遊する青物が寄ってく場合があります。

この釣りではエサをケチったらダメです。

青物(ハマチ、ヒラマサ)釣りの釣果アップのコツ

青物は回遊魚です。

ルアーの場合は年中狙えますが、
カゴ釣りの場合で青物が小魚を追っている時は、
磯近くに群れていてもオキアミは食ってくれません

その為、釣れ出すまで行かないのが
釣果アップのコツ
です。

釣れ出すと行ける日は全部行くと釣果が上がります

ハマチやヒラマサはそういう釣りで、
釣れ出すと連日釣れるので釣れる時に行くという事です。

カゴ釣りでのハマチはほぼ午前中です。

ヒラマサは午前午後に関係なく
散発的に食うのであきらめてはダメです。

釣れないときはイサキでもと仕掛けを細くすると
ハマチ等が当たる場合がある
ので
狙いは一本に絞った方がいいでしょう。

青物(ハマチ、ヒラマサ)の処理

気温の低い冬場ですと、
エラの付け根をナイフで〆て血を抜き、
濡らした麻袋に入れます。

麻袋が乾燥しないように定期的に濡らします。
これで麻袋の水分が気温で冷えてクーラーの役目をします。

それ以外は大型クーラーに同様に〆ていれます。
この時、氷は細かく粉砕しておいた方が鮮度が保てます

更に海水を魚が浸かるくらい入れておけば万全ですが、
重くて持って歩けないので帰りには水を抜きます。

また刺身で食べる場合は釣ったその日より、
翌日や翌々日のほうが旨味成分が出て美味しくいただけます

青物(ハマチ、ヒラマサ)釣りの必須アイテム、お役立ちアイテム

ルアーマンなら別ですが、普通の磯釣り師は
普段はグレ釣りやイシダイ釣りをしているものです。

釣行の際ルアー釣りのセットを竿袋に忍ばせておくのも裏技です。
使う機会は自分次第です。

グレ釣りをしていてハマチやヒラマサの群れが
磯近くに寄って来ることもあります

このチャンスに即投げれるようにしておくと
食らいついてくれるかもしれません。

また早朝のちょっとの時間だけ
ルアーを投げてみるのもヒットするチャンス
です。

波の荒い日ほど食いは立ちます

グレ釣りをしながらルアーでハマチやヒラマサを釣り上げて、
ルアーにハマった釣り人も多くいます。

関連する海釣りポイント情報