冬の寒さが次第に和らいで
堤防釣りにも出かけやすくなる春先は、
釣りシーズンの始まりでもあります。

そこで今回は春先に狙えるメバルの探り釣り
大型アオリイカのウキ釣りを紹介したいと思います。

深場の大型も狙えるメバルの探り釣り

まずはタックルですが、
2メートル前後の穂先の感度に優れたものであれば
エギングロッドルアーロッドなど、
どのようなものでも使用できます。

ただ、メバル釣りは一ヵ所で粘るのでは無く
広範囲を探り歩くので出来るだけ
軽めのロッドの方が持ち重りせず使い勝手が良いです。

リールは小型スピニングリールで十分ですが、
大型メバルが出やすいポイントを攻める場合
メーカー物の巻き取り力に優れて
ドラグ性能も高いものをおすすめします。

ラインはPEラインの1号
ナイロンラインの3~4号前後を使用します。

PEラインの方が遠投性能には優れていますが、
強風時などは慣れていないと
ライントラブルがどうしても多くなる
ので注意して下さい。

仕掛けは市販の胴付き仕掛け
ハリスが0.8~1号前後のものを使用しましょう。

メバルは目が非常に良いので太いハリスでは
警戒心の強い大型ほど見破られる可能性が高く
なります。

海底周りを攻めた際の根掛かりに備えて、
あらかじめ予備は多めに持っておきましょう。

仕掛けにセットするオモリ
3号~10号前後のものを用意しておけば
ある程度水深があるポイントから
浅場まで攻められるのでおすすめ
です。

メバル釣りで使用するエサと釣り方のポイント

使用するエサはシラサエビが基本ですが、
管理が少々大変ではありますが
生きたイカナゴなども良いエサとなります。

釣り方のポイントとしては、
波静かな漁港周りを攻めますが、
堤防際というよりは少し遠投して
海底付近を引っ張ってくるイメージで探ると良いです。

特に大型のものは
沖の根回りに居着いていたりすることが多い
ので、
出来る限り広範囲を探るとアタリを拾える確率も上がります。

誘い方としては時折リールを巻く手を止めたりする程度で、
あまり派手な誘いは周囲のメバルを警戒させてしまうので
避けましょう。

アタリがあれば軽く手首を返すようにして
アワセを入れ
て、やり取りを開始して下さい。

大型メバルの引きはかなり強烈ですが、
ハリスが細いのであまり無理なやり取りを
しないようにしましょう。

しばらく釣ってもアタリが無ければ、
オモリを軽いものに変えて中層付近を探ったり、
他にも釣り場があれば大きく移動するのも一つの方法です。

小型のものや抱卵個体はリリースを>

メバルも他の根魚同様に成長が遅く
釣り切ってしまうと元に戻るまでに
多くの時間がかかります。

小型のものや春先の抱卵個体は
出来るだけリリース
をしましょう。

2キロオーバーも狙えるアオリイカのウキ釣り

まずはタックルですが、
5メートル前後の磯竿1号~1.5号を使用します。

柔らかい竿を使用することで
エサアジを弱らせることなく遠投することができます。

リールは中型スピニングリール
ナイロンラインの3~4号を使用します。

ウキや仕掛けに関しては
市販のもので十分に対応可能
ですが、
仕掛けアオリイカが乗ったらテコの原理で
自動的に掛かるタイプのものが初心者にはおすすめ
です。

春先は産卵の為に接岸している
大型のアオリイカが多い
ので、
大きめのイカリ針が付いている仕掛けがバラシが少ないです。

(大型)アオリイカ釣りで使用するエサと釣り方のポイント

エサは生きたアジを使用しますが、
この時期はまだ水温が十分に上がっておらず
確実に現地調達できるような場所を探すのは難しいので、
事前に釣具店で購入して行きましょう。

アジは活かしバケツなどに入れて搬送しますが、
夜間などは暗い状態で放置するとパニックを引き起こすので、
ケミホタルを1本入れるなどして明るい状態で移動させましょう。

アオリイカは死んだアジでも釣れますが、
やはり生きの良いアジには敵わない
ので、
釣り場までしっかりと管理しましょう。

アオリイカ釣り方のポイントですが、
釣り場の水深にもよりますが
海底から1~1.5ヒロのタナを中心に探り始め
アタリが無ければ徐々に上げていきましょう。

アタリはいきなりウキを消し込んだり、
沈んだり浮いたりを繰り返したりと
様々なパターンがありますが、
いずれにせよ早合せは禁物です。

アタリがあった際に竿先で聞いてみて、
相手が引っ張るようであれば
まだ十分に食い込んでいないと捉えて下さい。

仕掛けを引っ張ってもゴミを引っ掛けたときのように
ただ重たいだけの状態になれば、
夢中になってエサを食べているので、
アワセを入れて針掛かりさせましょう。

あとは寄せてくるだけですが、
強引に引っ張り過ぎると身切れするので、
相手の引きに合わせてドラグを使ってやり取りしましょう。

足元まで寄せれば取り込みですが、
玉網は何かとトラブルが多いので
ギャフを使用すると良いです。

波止に上げた際に飛び散った墨
すぐに海水で洗い流しておきましょう

関連する海釣りポイント情報