水温も上がり多くの魚が活発に動き出す夏場は、
絶好の釣りシーズンでもあります。

そこで今回は初心者や家族連れでも楽しめる
アジのサビキ釣りと、真夏の堤防周りから
小アジで手軽に狙うイナダ釣り
を紹介したいと思います。

夏のサビキ釣りは釣り入門に最適

サビキ釣りは初心者でも手軽に数多く釣れる為に、
入門編には最適の釣り方です。

自分で釣る感触を味わって
釣りの楽しさを体験できるという意味でも、
大変おすすめです。

タックルですが、ロッドは1本1000円を切るような
万能竿があれば十分楽しめます
し、
足元で釣るのであれば
エギングロッドやコンパクトロッドでも釣れます。

リールは小型のスピニングリールで、
釣具店などに売られている
ナイロン糸が巻かれている安価なものを使用します。

ラインの号数もほとんど気にする必要はないので、
2~5号程度のものであればそのまま使えますし、
釣果にも影響はありません。

仕掛けは市販のサビキ仕掛けを何セットか用意しますが、
一般的に細いハリスのものほど食いは良いので、
1~2号程度を中心に揃えておくと安心です。

サビキに使用されているスキンのカラーなどは
「ケイムラカラー」が実績豊富
ですが、
その地域によってよく釣れるものが存在するので、
釣具店のスタッフに尋ねてみるのがおすすめです。

アミカゴは8号~10号前後のものを用意しておくと良いです。

夏のサビキ釣りで釣果を上げるコツ

まずは新聞やネット、
釣具店などで釣れている情報
を探します。

この時期のアジは
大規模な群れで居着いていることが多い
ので、
すぐに釣れなくなるということは基本的にありませんが、
何か所かポイントを調べておけば
仮に1つの場所がダメでも安心できます。

釣り場に着いたらあとは釣るだけですが、
サビキ釣りで大漁を目指すのであれば
「追い食い」を狙いましょ
う。

1尾掛かってもそのまま上げずにしばらく待っておけば、
2尾3尾と次々にヒットする
ので、
十分に竿先に重みが乗ってから上げると効率的です。

釣り上げた魚はバケツの中に放置せずに
すぐにクーラーの潮氷の中に入れま
す。

夏の良型狙いは底付近やウキを付けて沖を探る

数釣りではなく良型を狙いたいという場合は、
表層~中層を捨てて海底付近を狙う
もしくはウキを付けて少し沖を探ると良いです。

相手の大きさにもよりますが、
25センチ~30センチともなれば
かなり引きも強いので強引なやり取りは禁物
です。

特にアジは唇が非常に弱いので、
足元まで寄せてきたら出来れば玉網で掬うのが安心です。

真夏の堤防周りから小アジで手軽に狙うイナダ釣り

真夏の堤防周りには小アジを狙って
イナダなどの大型魚も回遊してきていることが多いです。

サイズとしては30~40センチ前後が中心となりますが、
ハマチの若魚だけあってその引きは強烈です。

手頃なサイズの小アジが釣れれば、
別に竿を1本用意して是非狙ってみましょう

タックルですが磯竿の3号程度にリールは
中型のスピニングリールがおすすめ
です。

小型スピニングリールでも取り込むことは可能ですが、
どうしても時間が掛かったり釣り場が混雑している場合は
左右の人とオマツリして迷惑を掛ける可能性もあるので
上記のような組み合わせで釣ると良いです。

ラインはPEラインの1~2号程度
ナイロンラインの場合は
5号程度の強度
があれば問題ありません。

仕掛けは市販の泳がせ仕掛け
ハリスが5~6号のものを使用します。

真夏のイナダ釣りで釣果を伸ばすコツ

30~40センチのイナダが好む小アジのサイズは小さく
10センチ前後のものが最もよく釣れます

大きなものは途中で吐き出されてしまうことが多いので、
泳がせ釣りをすると決めている場合は
手頃なサイズの小アジが釣れれば
バケツなどに入れて確保
しておきましょう。

すぐに使用する場合を除いてエアレーションを使って
常に酸素を送り込んで、元気な状態を維持
します。

中に弱りかけているものがいれば、
すぐにバケツから取り除いて下さい。

エサが用意できれば素早く針に掛けて仕掛けを投入しますが、
小アジの魚体を素手で強く握るとすぐに弱るので
海水で冷やしてから添える程度に優しく掴むようにします

また、バケツの中とはいえ素早く逃げ回るので
熱帯魚用の小型ネットがあると便利です。

アタリを待つ場合はドラグを緩めて、
竿からは絶対に目を離さないようにしましょう。

イナダのパワーは強烈なので、目を離した隙に
竿ごと引きずり込まれかねないので要注意
です。

アタリがあって糸が出れば、
少し走らせてしっかりとアジを飲み込ませるようにします。

針掛かりすればあとは引きを楽しみながら足元まで寄せて、
玉網で掬えば取り込み完了です。

周囲に人がいなければ抜き上げても良いですが、
魚が外れた場合にハリが飛んでくる可能性があるので
必ず自分の左右に抜き上げるようにしましょう。

イナダはすぐに血抜きをしてからクーラーへ

イナダは血の量が多いので
美味しく食べる為にもすぐにナイフで血抜きをしてから
クーラーに入れて下さい。

関連する海釣りポイント情報