気温も水温も急激に下がる冬場の堤防釣りは、
釣り物も一気に少なくなる時期でもあります。

そんな冬場にシーズンを迎えるのが
カサゴやアイナメといった「根魚」です。

そこで今回はその釣り方を「探り釣り編」と
穴釣り編」に分けて簡単に解説していきます。

冬場の探り釣りは堤防際を手軽に狙う

まずはタックルですが、
コンパクトで使いやすいものであれば、
エギングロッドルアーロッド、あるいはコンパクトロッドなど、
種類は問わず安価なものでも十分に使えます

ただし、ヒット直後に根に潜ろうとする
相手に負けないパワーがあるものを使用しましょう。

リールはスピニング・ベイトともに使えますが、
どちらも使い慣れている場合は巻き取り力に優れた
ベイトリールがおすすめ
です。

ラインはPEラインを使用する場合は1.5~2号
ナイロンラインを使用する場合は5~6号
海底周りを攻めるので少し太めのもの
用意しておくと良いです。

仕掛けは市販のカサゴ用胴付き仕掛けでも良いのですが、
カワハギ用の胴付き仕掛けがハリスも
太く針掛かりも非常に良いので重宝
します。

尚、この釣りにはどうしても根掛かりが付き物なので、
仕掛けの予備は必ず多めに用意しておきましょう。

冬場の根魚狙いで使用するエサと釣果を上げるコツ

根魚は貪欲なのでオキアミや虫エサなどを始めとして
どのようなものでも釣れますが、エサ取りにも強く
大型を狙って釣れる「キビナゴ」がおすすめです。

キビナゴは状況に応じて半分にカットしても
1尾掛けでも両方使えるという点でも便利
です。

次に釣り方のポイントですが、
この釣りは足を使って出来るだけ
広範囲を探ることが重要です。

根魚はそこに居れば即ヒットしてくるものが多いので、
とにかくアタリが無ければすぐに移動します。

広い堤防の場合は闇雲に釣るのではなくて、
ケーソンの継ぎ目や堤防の曲がり角など
潮の変化が生まれる場所を中心に攻めて下さい。

根魚は常に上を向いてエサを待っているので、
根掛かりを避けるという点でも仕掛けは
着底後に1メートルほど上げて待つのが基本です。

アタリは竿先を引っ張り込んだり大きく叩いたりと明確なので、
アワセを入れると同時にとにかく全力でリールを巻いて
底を切って下さい

ここでもたついてしまうと根に潜られて
出てこなくなる
ので、注意が必要です。

逆に言えば、青物のように
最後まで左右に引っ張る魚ではないので
底さえ切ることが出来ればバラす確率は低くなります

冬場の根魚は小型や抱卵個体、食べる以外はリリースを

根魚は他の魚と比べて大変成長が遅く
一度釣り切ってしまうと元の状態に戻るまで
非常に時間が掛かります。

小型の魚や冬場に見られる抱卵個体、
食べる分以外は出来るだけリリースをしましょう。

そうすることによって個体数も増えて、
良型が釣れるポイントとしていつまでも楽しむことが出来ます

冬場の穴釣りは数・型ともに期待できる

もう一つ根魚釣りで代表的なのが
テトラ帯などで楽しむ穴釣り
です。

穴釣りはベテラン向け
である反面、
普段他の釣り人が攻めていないポイントを直撃できるので、
思わぬ大物をゲットできる可能性があります。

タックルは探り釣りと同じですが、
テトラという非常に狭い環境で釣りをするので
1メートル前後のより短いロッドがあると便利です。

穴釣り専用のロッドも各種販売されているので、
本格的に楽しむのであれば揃えておくと良いです。

リールは穴釣りの場合、ベイトリールの方が扱いやすく
より大型の魚も取り込みやすいのでおすすめです。

仕掛けは胴付き仕掛けとブラクリ仕掛け
2種類を用意して状況に応じて使い分けると良いです。

例を挙げると、エサ取りが多い・潮が早く軽いオモリでは流される・
水深がかなりあるといったポイントでは胴付き仕掛け
の方が
針数が多くオモリも自由に変えられるので便利です。

逆に、ポイントが狭い・根掛かりが多発する・
魚のサイズが大きくバラシが多いといった場合
であれば、
オモリと1本針が一体化したブラクリ仕掛けの方が向いています。

いずれにせよ根掛かりに備えて仕掛けは多数用意しておくと良いです。

冬場の穴釣りで使用するエサと釣果を上げるコツ

エサはキビナゴを中心に使ったもので問題ありません。

同じテトラ帯でもよく釣れる穴というのは確実に存在しており、
特徴として仕掛けを入れた際にスムーズに
スッと海底まで沈む点が挙げられます。

なので、仕掛けを入れてすぐに
糸の出が止まるようなポイントは避けましょう

アタリがあれば即アワセでとにかく少しでも早く底を切ります。

穴釣りは文字通り根の中で釣りをしているようなものなので、
相手が大型になればなるほど一瞬でバラシに繋がります

冬場の堤防釣りは安全対策は万全に

最後に冬場の堤防釣りは滑りやすいテトラ帯で行うので、
安全対策は特にしっかりと行いましょう。

スパイク靴やライフジャケットの着用はもちろん、
携帯する荷物は最少限に収めるなどして楽しみましょう。

関連する海釣りポイント情報