堤防釣りというと、
仕掛けを遠くまで投げなければ
思うように釣れないと考えがち
ですが、
決してそのようなことはありません。

探り釣りと呼ばれる、
堤防際に仕掛けを落とすだけの釣り方でも、
カワハギやメバル、カサゴ、メジナなど様々な魚が狙えます。

投げる動作が一切必要ないので、
釣りを始めたばかりの初心者には最適の釣りと言えます。

また、エサを変えることによって
ある程度の釣り分けも可能なのも魅力的
です。

そこで今回は初心者でも楽しむことができる
堤防からの探り釣りを紹介します。

探り釣り用のタックルについて

探り釣り用のタックルですが、
コンパクトロッドやルアーロッド、エギングロッドが1本あれば
すぐに楽しむことが出来ます。

ただ、足元を狙う釣り方なので
出来れば1.5~2メートルほどの短いロッドの方が扱いやすいです。

安いものでは1000円を下回るようなものも売られているので、
長さや実際に握ってみた感触などで決めてみると良いです。

特に感度にも優れていて軽量なエギングロッドはおすすめです。

リールは小型のスピニングリールで良いですが、
カサゴやハタの良型が釣れるようなポイントであれば
多少パワーが必要となる
ので、
中型スピニングリールがあるとやり取りがしやすくなります。

探り釣りではPEラインもしくはナイロンラインの使用がおすすめ

探り釣りではPEラインと
ナイロンラインのどちらでも使用できます
が、
慣れないうちは扱いやすいナイロンラインから
始めてみることをおすすめ
します。

PEラインは擦れに弱いので、
アタリを待つ際にも置き竿ではなくて
常にロッドを手持ちにして、ラインが堤防に擦れないように
注意する必要があります。

ただ、伸びがほとんど無いので
感度には非常に優れており、カワハギなど
小さなアタリを掛け合わせる必要がある魚には向いています

号数ですが、PEラインは1.5~2号前後を、
ナイロンラインは3~4号を使用すると良いです。

糸巻量は足元を狙う釣りなので100メートルもあれば十分です。

探り釣り用の仕掛けは、カワハギ釣り用の胴付き仕掛けとブラクリ仕掛けがおすすめ

探り釣り用の仕掛けですが、
障害物の無い堤防際を攻めるのに使用する
カワハギ用の胴付き仕掛けと、
テトラの際や岩の隙間など狭いポイントを攻めるのに使用する
ブラクリ仕掛け2種類を用意しておくと良いです。

カワハギ用の仕掛けハギ針という
独特の形状の仕掛けが使われていて、
ハギ以外の魚に対しても針掛かりが抜群なので、
どんな魚を狙うにしても流用できます。

ハリスは3号~4号と太めのものを使用しましょう。

胴付き仕掛けは一番下にオモリをセットしますが、
8~10号を用意しておけば水深の深い釣り場や
潮の早い釣り場でも対応できます

ちなみに探り釣りでは堤防際に
捨石などが敷き詰められているようなポイントが狙い目
なので、
どうしても根掛かりが発生します。

ロストに備えて必ず仕掛けとオモリは複数用意しておきましょう。

また、中にはテトラの穴の中や岩の隙間といった
見るからに魚が潜んでいそうなポイントがあります
が、
そういった場合は一般的な胴付き仕掛けは
すぐに根掛かりしてしまう
ので、ブラクリ仕掛けを使うと便利です。

探り釣り用のエサについて

探り釣り用で使用するエサは、
釣りたい魚によって使い分けをすると良いです。

カワハギやメジナを狙うのであればオキアミを使って、
カサゴなどの根魚を狙うのであれば
キビナゴを使用すると良い
です。

ちなみにキビナゴは1尾掛けにすれば
大型の魚に的を絞って狙うことが出来ます

オキアミではエサ取りが多過ぎて
対応できない場合でも、使えるのでおすすめです。

探り釣りでは機動力を生かして幅広く探るのが釣果アップのコツ

探り釣りで釣果をアップする為のコツは、
とにかく機動力を生かして
アタリが無ければすぐに移動して、
なるべく広範囲を釣る
ということです。

狙うポイントとしては堤防の曲がり角やケーソンの継ぎ目など
何かしら潮の変化が生まれているような所を中心に狙います。

生エサを使っているので
そこに魚がいれば比較的すぐにアタリが出るので、
アタリがあれば即アワセで対応して下さい。

ただし、キビナゴなど大きめのエサを使用する場合は、
相手にしっかりと食い込ませてからアワセを入れる
バラシが少なくなります。

ちなみに、海底周りを探る際には、
着底後1メートルほど巻き上げた状態で待つと、
根掛かりも防止でき
エサも周囲の魚に強くアピールすることが出来ます

仮に堤防全体を探ってもアタリが無いという場合は、
思い切って場所を変えることをおすすめ
します。

関連する海釣りポイント情報