堤防から楽しめる釣りはエサ釣り、
ルアー釣り問わず様々なものがありますが、
その中でも最も釣りの面白さを体感できる
と言って過言ではないのが「ウキ釣り」
です。

海面に浮かんだウキが一気に消える瞬間は、
何度味わっても興奮しますし、
これほど魚のアタリを視覚的に楽しめる釣りは他にありません。

初心者であってもアタリを見逃すことが無いので、
特におすすめの釣り方です。

ウキ釣りで狙える対象魚

ウキ釣りはエサを用いて狙う為に、
堤防周辺に生息する様々な魚がヒットします。

アジやサバはもちろん、メバルやメジナ
そして場所によってはマダイなども釣れます。

ウキ釣り用タックルについて

ウキ釣りに使用するタックルですが、
まずロッドは遠投しやすいように
最低でも2メートル以上の長さが欲しいところ
です。

磯竿などは長さとしては申し分ないのですが、
比較的重量があり慣れるまでは扱いにくいので、
最初はルアーロッドやシーバスロッドなどを使うと良いです。

あるいはサビキ竿として売られている
柔らかい1000円代の万能ロッド
でも
身近な堤防周りであれば十分に楽しむことができます。

次にリールですが、
小型のスピニングリールを1台用意します。

こちらもお試し程度で使用するのであれば、
1000円代のものがあれば十分ですが、
長期的に使用するのであれば3000円代以上のもの
しっかりとしているのでおすすめです。

ウキ釣りに慣れないうちはナイロンラインがおすすめ

次にラインですが、
遠投性能を考えるとPEラインが最適ですが、
どうしても慣れるまではライントラブルが多くなり、
穂先に絡まっていることに気が付かず投げると
破損の恐れもあります。

なので、ある程度慣れるまでは
ナイロンラインの3~4号を使用することをおすすめ
します。

仮にPEラインを使用するという場合は、
1.5~2号と少し太めのものが扱いやすいです。

ウキ止め、ゴム管、シモリ玉なども用意

ウキ釣りは、ウキを固定する為の道具が
必要
となってきます。

ウキ止め糸ウキを固定するシモリ玉など
小物類も忘れずに準備しましょう。

ウキ釣り用仕掛けは1~2本針がトラブルが少ない

ウキ釣り用仕掛けですが、
市販の1~2本針のものをスナップサルカンなどを使って
ワンタッチで接続します。

何を狙うのかにもよりますが、
メジナやマダイがヒットする場所であっても
ハリス3号もあれば十分に釣り上げることが出来ます。

仕掛けは予備も含めて複数用意しておくと良いです。

セットする順番としてはウキ→中通しオモリ
(号数は6~8号もあれば十分です)→仕掛け
となります。

この辺りはイラスト付きで解説している
各種サイトや商品パッケージの裏を
参考にしてみて下さい。

ウキ釣りのエサについて

ウキ釣りで付けるエサによって
ヒットする魚も多少変わってきますが、
基本はオキアミを使用しましょう。

ゴカイやイソメなどの虫エサもよく釣れますが、
オキアミの方が女性や子どもでも扱いやすいですし、
量も入っているので経済的です。

オキアミも生とボイルの2種類がありますが、
エサ取りが多い真夏の時期はボイルを使用して、
魚の活性が下がる冬~春にかけては
生を使用すると良い
です。

エサの付け方ですが、
尻尾の先端をちぎって尻尾側から針先を入れて
そのまま針の根本付近まで刺して下さい

針の途中で刺すのを止めてしまうと、
仕掛けを投げる途中で外れたりしてしまうので
注意して下さい。

マキエはアミエビと集魚剤のミックスを使用

マキエを撒く場合は、
アミエビと集魚剤をミックスしたものを使用しましょう。

特に冬~春にかけての低水温時期は、
刺しエサだけでは思うように
魚が集まらないことが多いので、
マキエは必須だと考えて下さい。

集魚剤は魚種を問わず使える
堤防釣り用のものが売られているので、
そちらを使用しましょう。

マキエは一度に大量に撒くのではなくて、
こまめに少量ずつ撒くと効果的です。

マキエはキレイに洗い流す

釣りが終わって堤防の上にこぼれたマキエは、
しっかりと海水で洗い流す
ようにしましょう。

マキエの不始末などが原因の悪臭で、
釣り禁止になる堤防も全国的に多い
ので
マナーを徹底しましょう。

ウキ釣り用仕掛けを投げる際には後方に注意

仕掛けを投げ入れる際には、
後方はもちろん必ず周囲を
しっかりと確認
して下さい。

慣れてくると確認がおろそかになりがちですが、
重大な事故に繋がりかねないので徹底しましょう。

アタリがあれば軽くアワセる

ウキが沈むアタリがあれば、
完全に沈むのを待ってから軽くアワセるようにして下さい。

針掛かりしたら、そのまま足元まで寄せて
小型の魚の場合は抜き上げて
大型の魚の場合は玉網で取り込むようにして下さい。

玉網で取り込む場合は、
魚の頭を空気中に出して空気を吸わせて
大人しくなってから掬う
ようにしましょう。

釣った後に食べる魚はしっかりと〆て持ち帰る

持ち帰って食用にする魚は、
ナイフで〆て血抜きをしてから持ち帰るようにします。

そのままクーラーに入れて暴れさせると、
全身に血が回って生臭くなる
ので
特に大型の魚ほど必ず〆るようにしましょう。

関連する海釣りポイント情報