堤防周りにはサビキ釣りなどでは
なかなか釣ることが出来ない
キスやカレイ、トラギスやイシモチ、
キュウセンといった魚も生息
しています。

こうした魚を釣るのに最適なのが、
投げ釣り(ちょい投げ)
です。

そこで今回は堤防から気軽に楽しむちょい投げ釣り
について簡単に紹介します。

投げ釣り(ちょい投げ)用タックルについて

堤防からの投げ釣りに使用するタックルは、
遠浅のサーフから楽しむ本格的な
投げ釣りタックルとは違って
飛距離がそれほど必要とされないので、
ある程度感度の良いものであれば
ルアーロッドや万能竿などで楽しめます。

いわゆる20~30メートルの距離を投げて
アタリを待つ「ちょい投げ釣り」と呼ばれる釣り方
です。

ただ、長さはあまりにも短いロッドは投げにくく
飛距離が出しにくいので、2メートルは最低でも欲しい所です。

最近ではある程度の規模の釣具店に行けば
1,000円代からロッドを入手することが可能なので、
まずは手頃な価格のものから始めてみると良いです。

リール堤防周りで楽しむのであれば、
小型スピニングリール
があれば
十分対応することが出来ます。

リールも最初から長期的な使用を考えるのでなければ、
1,000円代のものから始めてみることをおすすめします。

釣りをしていく中で
さらに機能的に優れるものが欲しくなった段階で
買い換えると良いです。

ちょい投げはナイロンラインでも対応可能

次にちょい投げ釣り用のラインですが、サーフからの釣りでは
基本的に遠くに飛ばす必要があるのでPEラインが主流ですが、
堤防からの場合はナイロンラインでも対応できます。

号数としては、PEラインを使用する場合は1~1.5号を、
ナイロンラインの場合は3~4号を使用しましょう。

ちょい投げにはキス・カレイ用の投げ釣り仕掛けがおすすめ

ちょい投げ釣り用の仕掛けですが、
投げ釣り用のジェット天秤
市販仕掛けの組み合わせが基本となります。

仕掛けは、キスやカレイ用として売られているもの
根掛かりに備えて複数用意しておくと良いです。

ハリスはキスやカレイであれば2号程度でも上がるので、
それほど太いものを使用する必要はなく、
逆に太すぎると食いが落ちるので避けた方が無難です。

ちなみに、フグなどのエサ取りが多い場合は、
一般的な仕掛けで釣るとハリスを切られるなどして
いくらあっても足りなくなるので針のチモトを、
透明パイプなどで補強したものを使うと良い
です。

初めて行く釣り場では、
どのようなエサ取りがいるのかもよく分からないので、
念のため上記のようなタイプの仕掛けも購入しておくと良いです。

ちょい投げ釣り用のエサについて

ちょい投げ釣り用のエサゴカイやイソメといった
虫エサが基本となります。

エサの付け方としてはチョン掛けにしても良いですし、
エサ取りが多い場合は房掛けにしても良いです。

その日の状況に応じて変えてみて下さい。

特に夏~秋にかけては魚の活性も高いので、
エサは多めに用意しておくことをおすすめします。

仕掛けを投げる際には後方に注意

仕掛けを投げ入れる際には、ウキ釣り同様
後方はもちろん必ず周囲をしっかりと確認して下さい。

投げ釣りの仕掛けは天秤のオモリが付いているので、
投げる際の勢いが加わって体に刺さると
大きな事故につながります

特に釣り場が混雑しているような状況では
細心の注意が必要
です。

ちょい投げ釣りでは海底が砂もしくは砂泥地の釣場がポイント

ちょい投げ釣りの場合は、
基本的に仕掛けを投げ入れれば
待ちの釣り」となるので、
岩礁帯などの根掛かりが多い場所は避けましょう

キスやカレイは砂地や砂泥地を好むので、
砂浜に隣接しているような堤防や、
毎年キスやカレイの実績がある堤防を中心に釣るのが
釣果アップのコツです。

時折誘いをかけてアピールする

釣り方ですが、仕掛けが着底すれば、
あとは三脚などに立ててアタリを待つだけですが、
竿先を叩くようなアタリがあれば軽くアワセを入れて下さい。

ちょい投げ釣りでは比較的アタリは明確に出ることが多いので、
見逃すことはありませんが、そのためには糸ふけが出ないように
なるべくラインが張った状態にして待つことが肝心です。

しばらく釣ってみてアタリが無いようであれば、
仕掛けを手前に引いたり少し上に跳ね上げるなどの
動きを入れて周囲の魚にエサの存在をアピール
してみて下さい。

キスやカレイは砂煙が上がることで
エサの存在を認知して寄ってくることもあるので効果的
です。

また、エサ取りのベラやフグなどが
あまりにもひどい場合はあまり粘らずに
釣り場を変えた方が賢明
です。

関連する海釣りポイント情報