サビキ釣り堤防釣りの中で、
一番簡単かつ人気な釣り方
です。

簡単に言うと釣り針に直接エサを取り付ける方法ではなく、
網目の入ったコマセカゴ(青色が多いです)に
1cm程度の小さなエサを入れて釣る方法
です。

※コマセは魚をおびき寄せる撒き餌(集魚材)の総称です

通常の釣り針がある位置には水中で流され無いよう
オモリを付け、コマセカゴとオモリの間に複数擬似針(バリ)がついています

水中に入れると、徐々に網目からエサが出て魚をおびき寄せ
エサに夢中な魚が、コマセカゴとオモリの間に複数設置した
擬似バリに気づかず食いついてしまう
のです。

あまりギュウギュウにコマセを入れてしまうと
網目から出て行かないので、8分目くらいに抑えて入れるようにしましょう。

サビキ釣りで釣れる人気の魚種

なお、サビキ釣りで釣れる人気の魚種は、
アジイワシウミタナゴカマスサッパサバメジナなどがあります。

それぞれ回遊している深さや堤防からの距離に違いがあり、
堤防から近い順で言うと、まず堤防下の表層(海面に近い方)でイワシ
同じく堤防下ので表層〜低層でアジやサッパが釣れます。

続いて、堤防から少し離れた場所の表層でサバ
中間層でコノシロが釣れます。

最後に堤防から少し遠投する必要がありますが、
沖合の表層〜中層でイナダ、ソウダカツオ、ワカシなどが釣れます。

前述の通り、サビキ釣りは主に痛むのが早い青魚系が対象魚になりますので、
クーラーボックスはくれぐれも忘れないようにしましょう。

サビキ釣りで狙うポイント(釣り座)

堤防の形や大きさにもよりますが、
日本全国、どこの堤防でもサビキ釣りが狙いやすいポイントが存在します。

具体的には

  • 堤防の先端
  • 堤防外向き
  • 堤防のコーナー部分
  • 堤防内向き

などがあり、堤防下〜沖合まで狙える堤防の先端が
堤防釣りでは一番人気のポイント
になるので、
有名な港では常に誰かが竿を出しているでしょう。

もし沖堤防があれば沖堤防の各ポイント
常夜灯があれば夜釣りでポイントになり、
船留まりという船を係留する為に少し傾斜が付いた
入江のような場所もポイント
になります。

サビキ釣りで使用するエサ

サビキで釣れる魚は多様ですが、
使用するエサはアミエビがほとんどです。

理由としては、アミエビと同じくコマセで使用することの多い、
オキアミなどはアミエビよりも大きく、通常のコマセカゴに入れると
目が詰まり、カゴから出てきません

アジなどはアミエビの方に良く反応しますが、
お腹がいっぱいになると離れていってしまいます

周りに釣り人がいなければいいかもしれませんが、
防波堤でのサビキ釣りは手軽にできるので、
貸切状態での堤防釣りは稀なので、
たくさん食べてもお腹がいっぱいになりにくい
アミエビの方がサビキ釣りには向いている
のです。

アミエビの種類は生のものと冷凍がありますが、
冷凍の場合は解凍して使用するので、
釣り場についたら、バケツなどに海水を入れ、
予めその中に入れて解凍するなど、準備が必要
ですが
生のものに比べて安価です。

生も冷凍も色んなメーカーが出していますが、
初心者であれば、釣り場近くの釣具屋さんや
エサ屋さん
があれば、そこで入手したアミエビの方が
釣り場に合っている可能性が高いので、
そちらで購入するのも手です。

一方でサビキ釣りでいまいち魚の反応が鈍い時には、
パン粉を混ぜたり魚が好む匂いやドリップが出る配合剤と呼ばれる
混ぜ物が売られているので、それらを使用したり、
トリック仕掛けという、通常コマセカゴのみエサを入れる以外に、
直接針にエサを付ける方法に反応する時もありますので、
色々試してみましょう。

ちなみに、コマセを振りまく時は大きく竿を上下にシャクり(ゆすり)
そのままだとコマセがゆっくりと沈んでいってしまうので、
コマセとバリの位置をなじませる為に、竿を上下にゆっくりと動かします

水族館などで回遊魚のエサやりを見たことがある人は分かるかもしれませんが、
基本的にエサに食いつく時は、エサが止まった時(またはゆっくり沈んでいる時)で、
アミエビなど極端に上に動くような時は、回遊魚に取って想定外の動きなので
注意は引くかもしれませんが、上方向に追いながら食いつくことはあまりありません。

その為、コマセとバリの位置をなじませる為に、竿を上下にゆっくりと動かす際は、
下方向に動かした際にバリに食いつく可能性が高いので、
特に注意してアタリが無いか確認しながら竿を上下に動かしましょう。

初心者向けサビキ釣り仕掛けの選び方

サビキ釣りは初心者向けではありますが、
そのサビキ釣りにおいて一番多いトラブル
ラインが絡まってしまうオマツリや、
釣り針とコマセカゴが絡まってしまうことです。

市販のサビキ釣り仕掛けは釣り針が7〜10本が一般的ですが、
本数が多い=多く釣れるわけではありません

10本ともなると、必然的にコマセカゴと釣り針との距離が近くなったり、
水深が深いところまで攻められる反面、根掛かりしてしまう可能性も高くなり、
初心者は7本を購入し、さらにコマセカゴに近い釣り針をカットしてしまえば、
よりトラブルを減らすことができます

また、コマセカゴの種類と関東(仕掛けの上部)と関西(仕掛けの下部)で
違っていたり、網目の形状や大き、材質も金属製からプラスチックまで
様々ありますが、「テンビン一体型タイプ」の仕掛けが一番初心者に優しく
さらにオモリも内蔵型であれば、より簡単にキャストできます。

初心者向けサビキ針(バリ)の選び方

サビキ釣りだと、どうしてもコマセの方に注意が行きがちですが、
バリを魚が口にしないことには釣れません

バリには形状や材質、色味など数多くあり、
ベテランともなると自作する人もいるくらい奥深いものですが、
初心者でアジやイワシ、サッパなどを狙うのであれば、
「スキン」と「ハゲ皮」タイプを用意しておけば問題ないと思います。

サビキ針はワゴンセールで安くなっている場合も多く、
そこで上記2タイプに加え、自分の直感でさらに数種類選び
計5〜6種類あれば、実際に釣り場で複数試すことができ、
宝探しのような感覚で子供と一緒にバリを選んで
1人だけ爆釣、なんてこともあるかもしれません。

サビキ釣りはその手軽さから子連れのファミリーフィッシングでも
人気なので、初めて子供を釣りを経験させてあげたい場合など、
まずはサビキ釣りから始めてはいかがでしょうか。

関連する海釣りポイント情報