ライン(釣り糸)には大きく分けて3つの種類
ナイロンラインフロロカーボンラインPEライン)があり、
それぞれに特徴があります。

自分が釣りたい魚種に合わせて適切なライン選びができるよう
ラインについて学んで行きましょう。

ライン特徴一覧表

 ナイロンラインフロロカーボンラインPEライン
メリット
  • 柔軟性や伸縮性があり、アタリ時のテンションで切れにくい
  • 安価なので、商品数も多く種類も豊富
  • 吸水性がなく、根ズレや劣化しにくい
  • 屈折率が低く、水中でも目立ちにくい
  • アタリ時などでの感度が高い
  • 細いラインでも強度が高い
  • 吸水性がなく、劣化しにくい
デメリット
  • ラインが柔らかく伸び縮みするので、アタリ時など感度が低い
  • 吸水性があるので、劣化しやすい
  • 同じ強度でもナイロンラインよりも太く、結びグセなどがつく
  • ライン自体にコシやハリが無いので、扱いにくい(中〜上級者向け)
  • 根ズレに弱く、結び目がほどけやすい

>> 海釣り単位換算表一覧はこちら

その他のラインについて

前述の3種類とは使用する場所が異なりますが、
リールから釣り竿(ロッド)の先端までに使用する釣り糸を
「道糸(ミチイト)」
と呼び、そこからオモリなどへ結ぶ糸を「力糸(チカライト)」
最後ルアーなどへ結ばれる人を「幹糸(ハリス)」と呼びます。

投げ釣りなどオモリを付けて遠くに飛ばす際は、
力糸は必須になるなど、釣り方によって使い分ける必要があり、
ラベルにそれぞれ記載されているので間違えないようにして、
初心者の方で何を選んだらいいかわからなければ
店員の人に聞くなどして装備を整えましょう。

関連する海釣りポイント情報