海上釣り堀(釣り公園・施設)は管理者がいる釣り場なので、
決められたルールを守らなければなりません

ここでは一般的なルールとマナーについて紹介しますが、
普段釣りをしている方であれば、+αで気をつけるくらいですので、
特に難しいことはありません。

ルールを守って楽しく釣りましょう!

走らない

抽選で釣り座が決まる場合は関係ありませんが、
先着順で釣り座が決まっているような釣り堀や、
釣り座の無いような海釣り公園や施設などの場合は、
良い釣り座の争奪戦が繰り広げられることになります。

平坦な足場ではありますが、重たい道具などを持ってのダッシュは
少しつまづいただけでも怪我をする可能性が高い
ですし、
小さな子供の場合は生簀の中に落ちたりする可能性もあり、
ライフジャケットを装着していない場合は危険ですので、
絶対に走らないようにしましょう。

得てして急いで取った釣り座では釣れないことの方が
海上釣り堀にはあります。

勝手に釣り座を移動しない

こちらも釣り座が決まっている場合ですが、
隣の釣り座が空いていたり、よく釣れていた他のお客が帰った際に
どうしても釣り座を移動したい場合は、まず係の人に相談しましょう。

釣り座の番号や場所などで、お客の管理をしている釣り堀もあり、
急に釣り座を変えられてしまうと、いなくなったのか帰ったのか、
はたまた生簀などに落ちてしまったのか区別がつかず、
迷惑をかけることになりかねません。

また、当然ですが移動できた場合は、
欲張って元の釣り座に荷物を残して
キープしておくようなことはやめましょう

万一それで道具や荷物が紛失したとしても
自己責任
となってしまいます。

他のお客の取り込みを助ける

これはルールというよりマナーになりますが、
釣り堀の場合、特に青物がかかった際
かかった本人は周囲のお客とおまつりなどしないよう、
声かけをします。

自分の近くで青物にかかったお客がいた場合
声かけを聞いたら面倒ぐさがらず、
自分の仕掛けを回収しましょう。

特段取り込みまで助ける必要がなければ静観していても
構いませんが、明らかに初心者だったり慌てたり
あたふたしているようなら、手助けをしてあげましょう

海上釣り堀は他の釣り場に比べて他の人との距離が近いので、
お互い様の精神で助け合いましょう。

自分のエリア外まで投げ込まない

自分の釣り座の近辺で釣果がうかない場合
どうしても近くのエリアに投げ込みたくなる気持ちは分かります。

普通の釣り場でしたら構いませんが、
周りに他のお客がいる海上釣り堀では、
自分のいる釣り座に対して、投げ込み可能なエリアが
ある程度決まっています。

受付時やスタート前にアナウンスされると思いますが、
これをはみだしての投げ込みは、他のお客とのトラブルにも
発展しかねません
ので、自分のエリア外へは投げ込まないようにしましょう

持ち込み禁止の場所で仕掛けやエサを持ち込まない

初心者や中級者あたりの人は問題ないと思いますが、
やはり上級者などになると、勝手に自分で仕掛けやエサを持ち込み
係の人が見ていないすきに仕掛けを差し替えたり、
撒き餌などもする場合があります。

撒き餌をすれば当然魚は寄ってきますが、
はたから見ればすぐに分かりますし、
釣り堀の魚の状態や生簀の水質が悪化する原因にもなりますので、
見かけた場合は係の人に知らせましょう

終了時間を守る

釣果が良くない時、少しでも長く竿を出したくなりますが、
多くの海上釣り堀では釣れなくても1〜2匹はサービスしてくれますので、
係の人の声に聞こえないふりをして続けたり、もたもたと往生際悪く片付けをせず、
すっぱりと片付けをしましょう。

終了時間が来てはいさよなら、という訳ではなく、
レンタル品があれば破損などないかチェックしながら返却したり、
釣った魚を〆たり、釣り場の後片付けなど、
係の人の仕事はたくさん残っています

終了時間を守らないと、係の人のみならず、
他のお客さんの帰宅準備にも影響が出てきますので、
釣れなかったら、次は必ず釣ってやる!くらいの意気込み
構えていましょう。

関連する海釣りポイント情報