陸釣りに比べて魚種も豊富で、
大漁に釣れることも珍しくない船釣りですが、
値段の方も比較的高いのもまた事実です。

それなりの費用を掛けるわけですから、
少しでも楽しい船釣りを楽しみたいと願う人は多い筈です。

そこで今回は良い船釣り業者を見つけるポイントを簡単に紹介します。

何をもって「良い」と判断するのか、その基準を決める

その船の良し悪しを判断する基準は人によって様々です。
しかし、大まかに分けると「釣果」と「サービス」の2つになります。

例えば、接客などはどうでもよくて
釣らせてくれる船が最高と感じる人もいますし、
いくら毎回大漁であっても、客に対する釣り方の指示や
予約時の対応が悪ければ絶対に行きたくないという人
もいます。

自分がどちらを重視するのかをある程度決めておくと
相性の良い船を探しやすくなります

釣果を重視する場合はホームページ上や実際に電話で確認

とにかく釣らせてくれる船長の腕が良い船を見つけるのは
ある意味とても簡単
です。

最近ではどの船もホームページを開設している事が多いので、
自分が狙いたい魚の釣果をそこで確認しましょう。

この時に注意が必要なのが、
「船全体の合計釣果数」のみ記入している船です。

例に出すと「○月○日 アジ150匹」と書いている船があったとします。

これだけ見ると大漁のようですが、
乗船人数が3人なのか6人なのかによって
その意味は大きく変わってきます

また、どの船にも常連の釣り人で
毎回飛び抜けた釣果を叩き出す人が存在する
ので、
乗船人数が少なくてもそうした人がほとんど釣っているという事もあります。

なので、「乗船人数、釣果数、一人当たり(○匹~○匹のように)」の
3点をしっかりと記載している船が最高ということになります。

もし、記載されていなくて気になる船があれば
直接電話で尋ねてみると良い
です。

サービスを重視する場合は口コミや詳しい友人や知人に尋ねる

一方でサービス面を重視する場合は少し難しくなります

ネットの口コミなどが残っている場合は
そちらを参照にするのも1つの手
ですが、
この場合は口コミ件数が少ないと
どうしても信用度が下がる
問題があります。

最も良いのは自分と仲の良い釣り仲間や
詳しい友人や知人に直接尋ねてみる事
です。

特にその船を利用したことがある人というのは、
その人の主観だけではなくて、
他の乗客の客観的な意見も知っていることが多いので、
信用度も高くなります。

他には電話で仕掛けなどについて尋ねてみて、
その時の対応によって接客の良さを判断する

という方法もあります。

基本的に船上でも丁寧な船長というのは、
電話対応も丁寧であることがほとんど
なので、
十分に参考になります。

これが100%という方法はありませんが、
これらを組み合せて自分なりに見つけてみて下さい。

関連する海釣りポイント情報