船釣りをする際の服装というのは、
同じ時期や時間に陸上で過ごすものとは異なってきます

そこで今回は季節ごとの服装
それぞれ簡単にまとめていきます。

春に船釣りをする際の服装

春先と言うとポカポカ陽気で暖かい
というイメージがあるかもしれませんが、
海の上は日によって気温差が激しく、
風が強い日などは非常に寒い
です。

なので、服装としては上下ともに長袖長ズボンにして
上は少し厚めのウインドブレーカーなどを用意しておくと、
海上の天気によっても調整することが出来るのでおすすめです。

体感温度などは個人差が大きいので、
寒がりの人は上着を複数枚用意しておくことをおすすめします。

暑い場合は脱げば解決できますが、
寒い場合は事前に用意しておかなければ
どうしようもないので注意が必要です。

頭は帽子もしくは冷える場合は
ニット帽などがあると良い
です。

夏に船釣りをする際の服装

真夏の海の上は海面からの照り返しによって非常に暑くなります

半袖半ズボンで釣りをしている人をよく見かけますが、
日焼け防止の為にも薄手の長袖シャツと
長ズボンを着ておくことをおすすめ
します。

また、上記の服装のメリットとして
針先などが体に刺さるなどのトラブルを防止できることも挙げられます。

熱中症防止の為にも帽子は出来れば麦わら帽子が良いです。

ちなみに梅雨時は天気予報では晴れとなっていても
突然土砂降りになることもある
ので、
必ずレインコートはいつも用意しておきましょう。

梅雨時の雨に打たれると体温の低下が著しいので、
油断は禁物です。

夏に船釣りをする際の服装

秋は1年の内で最も過ごしやすい時期となります。

なので、服装的にも真夏のものを少し厚くしたので特に問題ありませんが、
晩秋にもなると朝晩は非常に冷え込むので、防寒着を用意しておくと良いです。

特に出港してからポイントに着くまでや、
沖合に出てからのポイント移動時には
船のスピードの影響もあってさらに冷たく感じるので
しっかりと対策をしておきましょう。

冬に船釣りをする際の服装

真冬の海は大変な寒さになるので、
防寒対策は念入りにしましょう。

コートなども何枚も重ね着する形になりますが、
経済的に余裕があればメーカー物の防寒着を購入すると
薄手のものでも効果が大きく、動きやすいのでおすすめです。

上着はフード付きのものがあればそれをかぶり、
その上からさらにニット帽などを着用して、
特に寒さを感じやすい首周りはネックウォーマーなどがあれば
寒さは大幅に軽減されます。

手袋に関しては指先がカットされたものの方が
仕掛けやエサの交換が簡単
です。

船釣り時の靴

靴は船を傷つけるようなスパイクシューズなどは厳禁です。

それ以外であれば特に問題ありませんが、
マキエを大量に使用する釣りの場合は
長靴があれば水洗いも楽なので非常に便利
です。

関連する海釣りポイント情報