• ア行の海釣り用語解説
    アイ
    ロッドの先端にあるラインを結ぶための金属製の輪っか。ラインをここに直接結ぶ場合は、フリーノットで結ぶとルアーの動きに影響が出にくい。
    アウトスプール
    スピニングリールのスプールがボディの外側を覆っている種類の呼び名。
    アウトバーブ
    バーブ(釣り針のかえし部分)が通常は内側だが、外側についているものの呼称。
    青物
    アジ・イワシ・カツオ・サバなど、青みがかった色をした回遊魚全般の事。大型の青物は力強い引きが楽しめる。
    赤潮(青潮)
    海中のプランクトンが異常に増殖する現象。海中の酸素が不足し、あたりに生息している生き物が死滅することも。海が赤く変色するのが赤潮、白く変色するのが青潮。
    朝マズメ
    朝マズメは、夜空が明るくなり始めたころから日の出までの時間帯のこと。捕食などの活動が活発になるので、魚を釣りやすい時間帯になる。
    アゲ・上潮
    干潮から満潮に向けて潮が満ちていく状態のこと。潮に動きがあるので、魚の活性も高くなる。
    アゴ
    釣り針のかえし部分の別称。
    アシストフック
    針にかかった魚を逃がさないように、メタルジグのアイ側につける、補助用につける針のこと。
    アタリ
    魚がエサを食ったときに、釣り竿を通してその感触を感じること。魚信ともいう。
    アタリウキ
    あたりが来たことを高感度で感知し、教えてくれるウキ。非常に軽いので通常は飛ばしウキと併せて使用する。
    アタリバケ
    食いつきが良いバケ(疑似餌針)のこと。対象魚やその日の天候などに応じてアタリバケは変わる。
    編み付け
    沖釣りなど大物釣りでで役立つ仕掛けで、余ったラインで本線を編み込んで強度をあげるテクニック。
    アワセ
    アタリを感じたときに行う、釣り針を魚に掛けるために、釣り竿を立てる動作のこと。
    アンドンビシ
    オモリ付きのコマセカゴ。主にアジ釣りで使う。

    イカタン
    スルメ・アオリイカなどを短冊状に切ったもので、釣りエサとして針に掛けて使用する。
    インナーロッド
    ラインをロッドの中に通せる種類の竿。メリットとしては風の影響やロッドの動きに影響されないので、磯釣りやエギング時に使われる。
    居食い
    魚が落ち着いて仕掛けたエサを食べるとおこる、エサを食べる感触がないまま魚が針に掛かっている状態。この状態で釣れる魚は通常よりも大型が釣れる傾向がある。
    鋳込みテンピン
    オモリとテンビンが一つになっている仕掛け。スズキを狙うときに使用される仕掛けの一つ。
    一荷
    1本の釣り糸に2つ以上の釣り針を用意して、一回の投入で2匹以上の魚を釣り上げること。ダブルともいう。
    糸フケ
    釣り糸がたるんでいる状態のこと。潮の流れなどで海中の仕掛けが流されたり、仕掛けが海底についたときなどこの状態になりやすい。魚が仕掛けたエサを食べている感触がわかりにくくなる。
    入れ食い
    仕掛けを投入するたびに、連続で魚が釣れる状態のこと。仕掛けを投入してすぐ釣れただけでは入れ食いとはいわない。
    岩イソメ
    イワムシのこと。弾力のある身はちぎれにくく、持ちが良いので投げつりや海底を狙うのに向いている。
    インレット
    海・河川・湖などへ水が流れ込んでいる場所のこと。水温や水質が安定する場所になるので、魚が集まりやすくなる。

    ウイリー
    様々な色(カラフルなものが多い)の色で作られた疑似餌の一種。オキアミを食べるイサキ、ハナダイ、シマアジ、イナダ、ワカシ、マダイ釣りで使われる。
    ウキ留め
    固定されていないタイプのウキで、ウキ〜釣り針までの長さを一定に保つアイテム。
    ウェーダー
    水の中に入り込んで釣りをするときに着用する防水の長靴のこと。腰まで覆うウエストハイ、胸まで覆うチェストハイがある。
    ウェーディング
    腰や胸まである防水の長靴を着用して、水の中に入って釣りをすること。普段は行けない釣り場に入ることができ、陸からよりも遠くの場所、別の角度からポイントを狙える。釣りの楽しみが広がる反面、転倒時に体が思うように動かせないなど、海の危険が近くなることに注意。ライフジャケットを着用し、危機を知らせるホイッスルなど安全対策は万全にすること。
    ウキ下
    その日、魚がいる水深の表しかたで、海面から何mで表す。ウキ下3mで、水深3mのことを表す。
    上潮(うわしお)
    海面を流れている潮の流れのことで、上げ潮とは意味が異なる。強い風が左から右へ吹いているとき、潮の流れが右から左に流れていても、海面だけ左から右に流れていることがある。
    上バリ
    2本以上バリがある場合の上部(竿先に近い)のバリを呼ぶ。
    上物釣り
    海面近くの浅い場所を泳いでいる魚を上物と呼び、上物を狙う釣りを上物釣りと呼ぶ。マダイ・ヒラマサ・メジナ(グレ)・クロダイ(チヌ)・イサキ・サヨリ・メバルなど。

    エギ(餌木)
    海面近くの浅い場所を泳いでいる魚を上物と呼び、上物を狙う釣りを上物釣りと呼ぶ。マダイ・ヒラマサ・メジナ(グレ)・クロダイ(チヌ)・イサキ・サヨリ・メバルなど。
    エギング
    エギを使用したイカ釣りをこう呼ぶ。海底まで沈めたエギを動かして、イカの興味を惹いて釣る方法。日中はエギを激しく動かすが、夜間はそれほど動かさなくてもよい。主な対象魚はイカだがダコも釣れる。
    エサ取り
    フグなどの、目的にしていない魚のこと。水温の上昇とともに、釣りポイントに増えていき、仕掛けに用意したエサだけを取っていく。
    枝バリ・枝ス
    モトス(幹糸)と呼ばれる主となる釣り糸に、木の枝のようにして、細い釣り糸のハリスをつけること。サビキや胴突き仕掛けなどで使用する。
    エラ洗い(鰓洗い)
    釣り針に掛かった魚が、エラを広げて頭を振りながらジャンプする様子。スズキ(シーバス)・ブラックバスなどがおこない、ルアー釣りの場合、エラ洗いでルアーがはずれることがある。

    オカッパリ
    砂浜や堤防などの陸上から、海にある障害物や沖を狙って釣りをすること。最も手軽にできる釣り。
    オキアミ
    釣りエサの一種。体長3~6cmのエビによく似た甲殻類で、冷凍保存がきく安価な釣りエサとして広く使用される。
    落ち
    魚が水深の深い場所へ移動すること。産卵後に体力を回復するための移動や、水温が低下するのに備える季節性の移動がある。
    オデコ
    魚が一匹もつれず、釣果がゼロでその日の釣りが終わること。ボウズともいわれる。
    落ち込み
    海の底の地形が急に深くなっていること。河川などでは周りと比べて、一段深くなっている場所のこと。魚のつきやすい場所なので、釣りの際は狙いたい場所の一つ。
    オマツリ
    海中で仕掛けや釣り糸が絡まった状態になること。釣り針に掛かった魚が激しく動き、他の釣り竿から出た釣り糸と絡まったり、仕掛けが風や潮にながされておこる。
    オモリ
    釣りの仕掛けを目的の場所に届かせる・沈ませるために仕掛けにつける重しのこと。重さは1号・2号と号数で表示され、1号は約3.75グラム(1匁:もんめ)。鉛でつくられるので「ナマリ」とも呼ばる。
    泳がせ釣り
    生きた魚をエサにした釣り方のこと。アジなどの小魚を生きたまま釣り針に掛け、スズキなどの小魚をエサにする肉食の魚を狙うときの釣り方。
  • カ行の海釣り用語解説
    回遊魚
    ハマチ・カツオ・アジなどのように、同じ場所にとどまらずに、広範囲を移動している魚のこと。エサを求めての移動や、産卵に適した場所への移動など理由は様々。回遊をする魚は群れで移動するので、群れと遭遇すれば釣果に期待できる。
    カエシ
    釣り針の先端にある小さな突起のこと。魚の口から釣り針が外れるのを防ぐ目的がある。管理釣り場では、魚をケガから守る目的でカエシのない釣り針が使われている。
    隠れ根
    陸上からは見えない、海底にある岩礁などの障害物全般。魚が過ごしやすい場所になるので、狙い所のひとつ。
    カケアガリ・駆け上がり
    地形が急に深くなっている海底の斜面のこと。魚の習性でこういった斜面にそって移動するので、魚がいることが多い。
    活性
    魚がエサを求めている状態や、よく動いている状態を表す言葉。魚の活性が高いと仕掛けにつけたエサによく食いつき、逆に活性が低いとエサに興味をしめさない。
    岩礁
    海中にある岩のこと。海中に隠れていたり、頭だけが出ていることもある。魚のエサになるカニ・エビなどが生息するほか、魚の産卵場所になる。
    干潮(かんちょう)
    海水面が最も低くなった状態のことで、一日に2回この状態になる。こういった海水面の上昇・下降は、魚の行動に影響を与える。月と太陽の動きに関係がある現象なので、干潮の時間は気象庁などで調べることができる。
    カンナ
    カエシが無い釣り針。エギなど刺さりやすいようにしたい時に使う。

    疑似餌
    魚が本来は食べない素材で作られた釣りエサのこと。狙う魚が普段食べている生き物の姿に似せたものや、狙う魚の興味を引く色や形状で作られたものがある。
    紀州釣り
    魚の食いつきをウキで確認するダンゴ釣りのこと。刺し餌をダンゴで包んで、海底まで刺し餌を沈める釣り方なので、海底の近くに生息するクロダイを狙うのに向いた釣り方。
    疑似バリ
    ルアーやエギ、バケやサビキなどの疑似バリの総称。
    汽水域
    河口の近くなど、海水と水がまじった、海水中の塩分が少ないエリアのこと。汽水域はシーバス(スズキ)・ハゼ・ボラなどに好まれ、これらの魚が釣れることに期待できる。また海水魚だけでなく、場所によっては淡水魚なども釣ることができる。
    魚影が濃い
    魚の集まり具合を表し、魚の数が多い様子を表す表現。そういった場所を表現する決まり文句。
    魚信(ぎょしん)
    魚が釣り餌に食いついたなどの海中の様子が、ウキの動きや釣り糸からの振動で伝わること。アタリともいう。

    グミ
    疑似バリをタナまで沈められるようにオモリやラインに連結させる仕掛け。

    消し込む
    ウキが急に水の中に沈み、見えなくなること。それほど強力に、魚が釣り餌に食いついてきた状態。
    外道
    狙っている魚以外が釣れること。フグなどの釣れても嬉しくない魚の場合もあるが、マダイ・カレイのような高級魚が釣れる場合もある。
    ケブラー
    ヒラメ釣りやタチウオなどに使う針のチモトの編み付け補強で使われる高強度の繊維。
    ケン付き針
    投げ釣り時など、つけエサを固定しやすくする為に使う。通常のカエシ以外に釣り針の背部分にも何箇所か小さなカエシのようなものが付いている釣り針。

    コークスクリュー(サルカン)
    石鯛釣りで使用される仕掛けで、ネジのような形の金属金具にワイヤーをワンタッチで装着できる。
    コスリ釣り
    防波堤の壁面を短い竿でミャク釣りすること。仕掛けを入れる深さを決めて、潮の流れに流すようにする釣り方。
    コマセ
    魚を集めるため、その場に留めるためにまくエサのこと。コマセには、アミエビ・オキアミやイワシ・サンマなどのミンチなど、状況に応じていろいろな種類がある。
    五目釣り
    特定の魚を狙わず、何が釣れてもいいと気軽に楽しむ釣り方。エサや仕掛けに特別な工夫をすることではない。五目は5種類・多種といった意味。
    ゴロタ石
    大きくて丸い石のこと。大きくても人がなんとか持てる重さまで。防波堤の基礎などゴロタ石が入っている場所は、根魚が住む場所になる。海底などにゴロタ石が多数ある場所をゴロタ場とよび、ゴロタ石でできた浜辺をゴロタ浜という。
  • サ行の海釣り用語解説
    ザイロン
    防弾チョッキなどに使われる世界レベルの引張強度・弾性率・耐熱性を持つ繊維。ラインの補強以外にもアシストフックのハリスなどにも使われる。
    先糸(サキイト)
    道糸(ミチイト)の先に結ぶ糸で、根ズレ対策やアタリ時の衝撃分散目的で使用される。
    探り釣り
    魚のいそうな場所に上から仕掛けを落としていく釣り方。仕掛けは釣り糸とオモリに釣り針の単純なものでよく、魚の反応は釣り竿の先や釣り糸の振動で感じる。移動を繰り返して、次々と魚のいそうな場所を探っていく釣り方で、ミャク釣り・落とし込み釣りなどへと派生していく。
    刺し餌
    エサ釣りで使用する釣り針に刺して使うエサ全般をいう。アオイソメ・石ゴカイ・シラサエビ・アミエビなど。
    サビキ釣り
    エサのかわりに、カワハギ・サバの皮やビニールなどを釣り針につけた疑餌(ぎじ)を使用する、胴付き仕掛けでの釣り方。
    サルカン
    ラインやオモリなど、仕掛けを連結させる為のパーツ。ヨリモドシと呼ぶ場合もある。

    時合い
    魚の活動が活発になる時間帯のこと。満潮と干潮の変わる時間帯やマズメと呼ばれる時間帯など。
    地磯
    海岸の地形で、海との際に岩や石が多い場所のこと。メジナ・クロダイ・イシダイ・クエなどが狙える。ハエ・瀬といった呼び方をすることもある。
    潮通し
    海水に流れがあり、海水が新鮮な状態に保たれた場所。魚の過ごしやすい環境で、青物など潮通しのよい場所を好む魚に期待できる。潮の流れが速いと仕掛けが流されるのには注意が必要。
    潮目
    流れる速さや温度の異なる潮の流れの境目や、潮の流れが交わる場所のこと。海面に見える、川のような模様が潮目。魚のエサになるプランクトンが集まる。
    仕掛け
    魚を釣るための工夫のこと。釣り糸と釣り針にオモリ等の小物を組み合わせて作る釣り道具のこと。釣りたい魚や釣り方によって様々な仕掛けがあり、釣り人の個性が出る。
    ジギング
    金属で作られたジグ(メタルジグ)と呼ばれる疑似餌を使った釣り方。海中に沈めた仕掛けを、エサが跳ねている状態を演出するように、竿を立ててすぐに戻すのを繰り返しながら巻き取っていく釣り方。
    ジグヘッド
    フック付きのオモリで、ソフトルアーなどを装着する時に使用する。オモリの形が球になったラウンドヘッド、先端が細くなったダートヘッドなどもある。
    沈み根
    海底にある岩礁などの障害物のこと。魚の集まる場所のひとつだが、障害物の近くに仕掛けを入れるので、釣り針が障害物に引っかかりやすい。
    下バリ
    2本以上あるバリの下部分を指す場合の呼名。
    尻手(しって)
    竿(ロッド)が落ち無いよう、カラビナなどにロープやベルトを巻きつけた竿の命綱のようなもの。コイル状のストラップなどでも代用できる。
    シモリ
    干潮時でも海中にある岩礁のことを指し、根魚が好む地形。満潮時にシモリの上を狙うと、水深が浅くても魚が釣れることがある。
    シャベルカゴ
    コマセをすくいやすいよう、一部がシャベル状の形状をしているコマセカゴ。
    集寄(しゅうき)
    金属製の集魚板やビーズ類などの仕掛け。目の良いカワハギに効果的なので、カワハギ釣りに良く使われる。
    シンカー
    オモリの別名。
    シンキング
    シンク=沈むで、水に沈むルアーの総称。
    ジンタン
    仁丹のような極小サイズのガン玉のこと。

    スッテ
    イカ釣り用のカラフルな魚の形をした擬似バリ(ルアー)。
    捨て石
    防波堤の基礎にするために沈められた石のこと。石の形状はまちまちで、石と石の間には隙間が多く、根魚などの過ごしやすい環境になっている。
    捨てオモリ仕掛け
    根掛かりなどした時、オモリだけを捨てられるように捨て糸で結んだ仕掛け。
    砂ずり
    キス釣りなど遠投が必要な際、仕掛けの種類によってラインを絡ませなくする為やクッション材として装着するパーツ。
    スピニングリール
    海釣りで使われる最もポピュラーなリール。スプール(糸巻き筒)がロッド(竿)に対して垂直に取り付けられていて、ガイド(金属製の半輪状のもの)を外すと、ラインの抵抗無く遠投ができる。
    スプール
    リールの糸を収納(巻き込む)部分の呼名。
    スプーン
    スプーンのくぼんだ部分のような形状をしたルアーの総称。
    スプリット・リング
    ルアーの先端(口の部分)に付いている金属製のリング。ラインを結ぶ為に付いていて、無いと水中でルアーの動きが変わってしまうので、無くしたり破損したりしたら交換が必要。
    スレ針
    練り餌などで釣る場合に使う針で、カエシが無い釣り針の総称。
    背掛け
    生き餌でエサの背部分に針を刺すこと。魚へのダメージが少ない。
    ソリッド(ティップ)
    ティップ(ロッドの先端)が、 ソリッド(中に素材が詰まっている)の状態のタイプ。ジグヘッドリグなどの軽いリグを投げるのに非常に適している。
  • タ行の海釣り用語解説
    タイコリール
    太鼓の様な形をしたリールで、前打ち釣り(黒鯛釣り)に特化したリール。
    タコベイト
    その名の通り、(細長い)タコの形をしたカラフルな擬似エサ。主にマグロなどの大型回遊魚やフィッシュイーター釣りの際に使用することが多い。
    タナ
    狙っている魚がいる水深のこと。その場所に魚がいても、魚のいる水深と釣りエサの水深が合っていなければ、魚はなかなか釣りエサに食いついてくれない。魚のいる水深に合わせることを「タナを合わせる」という。
    玉網(たまあみ・たも)
    釣り針に掛かった魚を、海からすくい上げるために使う網のこと。使う場所や目的に応じた複数の種類がある。
    タラシ
    竿の先端からオモリやテンビンまでの長さ。
    ダンゴ釣り・団子釣り
    刺し餌をヌカと砂にアミエビなどを混ぜたもので団子のように包み、刺し餌を海底まで沈める釣り方。ダンゴは魚を集める役割のほかに、途中で刺し餌を盗られないようにする役目がある。海底についたときにダンゴが割れるように作る。
    短冊
    サバやサンマ、イカなどの生エサを細長く短冊状にしたもの。

    チョイ投げ
    投げ釣りの要領で、目的の場所に仕掛けを軽く投げ飛ばすこと。とくに何mと決まっているわけではないが、10~20mほどの近距離から中距離あたりを目標にする。

    築磯(つきいそ)
    魚の集まる漁礁を人工的に造ったもの。岩やブロックなどを沈めた漁礁や、廃船など構造物を沈めた漁礁がある。
    釣り座
    釣りをするために確保してある場所、釣り人が釣りをする位置のこと。隣の人との間に空間がないと、オマツリなどトラブルの原因になるので、隣の人との間隔には注意が必要。釣船だと乗船をする位置のこと。

    テトラポット
    海岸や防波堤の周りに積まれているコンクリート製の大きなブロックのこと。足場としては悪くなるが、乱雑に積まれているほうが隙間が多くなり、魚にとって好環境になる。

    胴突き仕掛け
    仕掛けの先端にオモリをつけ、複数の釣り針を枝状に付けた仕掛けのこと。根魚などの海底の周辺に生息する魚を狙うときに使用する。
    年無し(としなし・ねんなし)
    そこまで大きくなるのに何年かかったのかわからない程の大型魚のこと。50cmを超えるクロダイなど。
    取り込み
    釣れた魚を陸上や船上に上げること。ルアー釣りではランディングとも呼ぶ。玉網ですくい上げたり、魚が小さければ釣り竿を立てて持ち上げることもある。
  • ナ行の海釣り用語解説
    内湾
    島や岬に囲まれた、陸地に海が入り込んだような海岸の地形のこと。幅に対して奥行きの方が大きい。
    凪(なぎ)
    風が吹いていない、波もほとんどない穏やかな状態のこと。海面近くに生息する魚は釣りやすくなる。
    投げ釣り
    釣り竿を大きく振って、重めのオモリを付けた仕掛けを遠方へ飛ばす釣り方。大きな魚の多い沖を狙う釣り方で、対象となる魚はシロギス・クロダイ・カレイなど。

    海底にある岩などの障害物のこと。魚が好む起伏のある地形だが、釣り針が障害物に引っかかることがある。
    根掛かり
    海底にある障害物に釣り針が引っかかってしまうこと。根掛かりが多発する場所は地形が起伏に富み、魚が好む環境になっている。
    根魚(ねうお、ねざかな)
    テトラ・岩礁・根などを好み、その場所に住み着いて遠くへ移動しない白身魚のこと。根付き魚、ロックフィッシュともいう。メバル・カサゴ・オコゼ・アイナメ・クエなどのこと。

    野締め(のじめ)
    釣れた魚がその場で死んでしまうこと。血抜きなどの処置をしていないので、生臭くなって味が落ちてしまう。血抜きなど適切な処置をおこなったものを活き締めという。
    乗っ込み期
    春になり、産卵期を迎えた魚が沿岸にやってくること。産卵に備えて魚の食欲が旺盛になっている時期なので釣りやすく、大型が釣れることが増える。同じ時期には、体力を回復するために食欲が旺盛になっている、冬に産卵を終えた魚にも期待できる。
  • ハ行の海釣り用語解説
    場荒れ
    その場所に釣り人が集まるようになり、数が減って魚が釣れにくい状態になること。場荒れが起こると魚の数が減るのはもちろん、魚を集めるための撒き餌を使いすぎて、撒き餌が海底に泥のようにたまるなど、その場所の環境を大きく変えることもある。
    バラす・バレる
    釣り針に掛かった魚を逃してしまうこと。海中の障害物などで釣り糸が傷み、釣り糸が切れる場合もある。
    ハリス
    釣り針と釣り糸(道糸)をつなぐ糸のこと。魚にわからないように目立たない細い糸を使うが、魚によっては太いものを使用する。

    ヒロ
    釣りで使われる単位で、およそ1.5mのこと。両手を広げた長さが由来。仕掛けの長さや魚のいる水深(タナ)を表すときに、「魚のいるタナは2ヒロ前後」のように使われる。

    フィッシュイーター
    小さな魚をエサにしている肉食の魚の事。ヒラメ・カンパチ・カツオ・スズキなど。大型で鋭い歯を持つのが特徴。
    フカセ釣り
    必要最低限の仕掛けで、エサが自然に海中に沈んでいるように演出する釣り方。もともとは釣り針と釣り糸だけを使い、釣りエサの重さだけで海中へ沈める釣り方のこと。

    ポイント
    魚が釣れる場所のこと。防波堤・テトラポット・磯など、魚が好む場所や環境のこと。
    防波堤
    港湾施設や港湾内の船舶などを、波から守る目的で造られた構造物のこと。岸壁より沖にある足場として、釣り場としても利用される。
  • マ行の海釣り用語解説
    撒き餌・マキエ
    魚を集めるために撒くエサのことで、コマセ・寄せ餌ともいう。オキアミ・アミエビなど、釣り針につけるエサと同じものを使ったり、ヌカやサナギ粉などを混ぜたものなど、様々な種類がある。
    マズメ時
    一日に2回ある魚が釣れやすい時間帯のこと。魚の捕食活動が活発になる、夜明け前や日没前後の薄明かるい時間帯のこと。夜明け前を「朝マズメ」、日没前後を「夕マヅメ」という。
    マムシ
    釣りエサに使用する虫のこと。赤みのある褐色をした15~25cmの虫。釣りエサとしては5cmほどに短く切って使う。身が硬いので遠投にも使用でき、海底を狙う時に使用される。ホンムシ・アオクラなどともいわれる。
    満潮
    海水面が最も高くなった状態のこと。一日で2回この状態になる。こういった海水面の上昇・下降は、魚の行動に影響を与える。月と太陽の動きに関係がある現象なので、干潮の時間は気象庁などで調べることができる。

    澪(みお)
    水深が浅めの港内や河口に設けられた、船が航行できるように掘られた路のこと。人工のカケアガリのことで、澪筋ともいう。
    ミャク釣り
    ウキを使わずに、釣り糸からの振動をたよりに、海中の魚の反応を感じる釣り方。釣り糸に目印をつける場合もある。オモリと釣り針だけの単純な仕掛けで、魚の反応を直接楽しめる釣り方。

    向こう合わせ
    魚が勢い良く釣りエサに食いつくことで、魚が自ら釣り針に掛かった状態になること。
  • ヤ行の海釣り用語解説
    矢引き
    釣り糸やハリスなどの長さを表す単位のこと。体の中央から、糸を摘んで伸ばした片腕の先までの長さと同じで、およそ75cm。

    夕マズメ(ゆうまずめ)
    夕マズメは、太陽が沈み空が真っ暗になるまでの時間帯のこと。捕食などの活動が活発になるので、魚を釣りやすい時間帯になる。
  • ラ行の海釣り用語解説
    良型(りょうがた・りょうけい)
    魚の体長を型(かた)といい、その場所で釣れる平均よりも大きい魚を良型という。「りょうがた」と読むことが多いが、人によっては「りょうけい」とも読む。

    ルアー
    疑似餌のこと。元になった小魚や虫の特徴や行動を再現する工夫をしたものや、色や匂いで対象になる魚の興味を惹く工夫をしたものなど、多種多様なものをまとめてルアーという。金属や木材などの硬質な素材でつくられたものを「ハードルアー」、プラスチックや合成樹脂にラバーなどの柔らかい材質でつくられたものを「ソフトルアー」という。

関連する海釣りポイント情報