船釣りの予約方法

ここでは実際に船釣りの予約方法
キャンセル方法の流れについて紹介します。

まずは自分が乗りたい船のホームページにある
予約表」を確認して下さい。

予約表を見ると「募集している釣り物」と「残りの募集人数」が
曜日ごとに表示されている
ので、
それを見て自分が乗船する日を決定します。

そして、記載されている電話番号
基本的には船宿もしくは船長の携帯電話です)にかけて
そこで「日にち」と「人数」を伝えて予約完了です。

当日にレンタルタックルが必要なのであれば、
電話をした際にその旨を伝えておくと良いです。

電話予約の流れは以上となりますが、
その他にホームページからメッセージで
予約内容を伝える形式を電話予約と併用
する形で
採用している船もあります。

しかし、電話予約が最も早く済み
確実な手段であることは間違いない
ので、
特別な理由が無ければ電話予約で済ませることをおすすめします。

特に初めて乗る船の場合は、
予約の際にそのことを伝えておくと
仕掛けやエサなど役に立つ情報を教えてくれることもあるのでお得
です。

ちなみに、船長は翌日に出船を控えている場合は
早く寝ることが多い
ので電話をする時間帯としては
遅くても夜8~9時まで
にしましょう。

船によって電話を受け付けている時間に多少差がある
ので、
ホームページに書かれている場合はしっかりと確認して
時間を過ぎることがないようにしましょう。

予約のキャンセル方法

キャンセルは出来るだけ早めにする

一度予約したにも関わらず、どうしても外せない用事や
急な体調不良などで行けなくなってしまった場合は、
出来るだけ早く電話で連絡しましょう。

ここで注意が必要なのが、
原則キャンセル連絡は電話で行うということです。

特にキャンセルが確定したのが釣行の前日だった場合は、
メールなどで連絡するとタイミングによっては
伝達が間に合わない可能性が出てくるので電話以外は避けて下さい

当然ですが、連絡なしの当日キャンセルは厳禁です。

電話で予約時の名前と曜日、
人数を伝えてからキャンセル理由を伝えれば完了ですが、
基本的には予約後のキャンセルはタイミングに
よってキャンセル料金が掛かる場合が多い
ので、
指定の方法で支払うようにしましょう。

船にもよりますが乗船3日前までは50%2日前は70%
前日・当日は100%というように設定されていることが多いです。

以上が予約とキャンセルの流れですが、
難しいことはありませんので
1度経験すると2回目以降は問題なく出来ます。

関連する海釣りポイント情報