Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

福島県の最大の港でもある小名浜港
かなり広い港で沢山の釣りポイントがあります。

港としては大型の埠頭な為、
足下からの水深がドン深であり様々な魚が入ってきます。

アクアマリンの先端にある釣り桟橋は
毎年夏になるとサバが回ってくる
ので、
サビキや小型のジグで狙うと簡単にお土産を釣ることができますし、
夜にはシーバスも回ってきますのでルアーを投げても面白いです。

常夜灯周りはアジングの一級ポイント
小型ルアーを使って探るとアジが釣れます。

水深のある埠頭の岸壁沿いをメタルジグ
ブラクリを使って縦に探ると大型の根魚
シーバスが釣れる事があります、
私もアイナメの50cmをメタルジグの
しゃくり上げ&フォールで釣り上げました。

小名浜埠頭のキャパはこんなものではなく、
夏には夏の風物詩シイラが回ってくることもありますし

秋口になると夕方日没直前にタチウオが狙えます。

私はメタルジグで釣りましたが、
キャストして表層レンジをアクションさせて釣りましたが、
釣れ始めると毎日同時刻に魚の反応がありましたので
連日行ってみると良いかもしれません。

晩秋には水深が深いのでボトムから
ジギングの要領でしゃくり上げてくると
ブリの幼魚ワカシではなく中型の40~50cmの
イナダサイズ
が数釣れた事もありました。

回遊してくる魚も型の良い物が多い気がします。

風が吹き込んでベイトフィッシュが港内に入ってきている時には
大きなナブラが起こるときもありますので秋は特におススメです。

>> この付近の釣り船業者を探す

関連する海釣りポイント情報