Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

古平漁港は余市から海岸沿いに車で
20分ほど行ったところにある、大きな漁港です。

余市方面からだと手前にある西防波堤、
外海に面した長い外防である東防波堤が主になります。

水深は基部は浅いですが、防波堤先端に行くほど深く、
どの防波堤も手前にブロックやテトラが入っているので、
手前ほど根掛かりに注意です。

ただ20mほど投げると砂地にあたるので、
根魚狙いの時は遠投は必要ありません。

外海への投げは、西防波堤は良いのですが、
東防波堤は高い位置に登らなければいけないので、
自信がなければやめておいたほうがいいです。

古平漁港はソイの魚影が大変濃い港で、基部から先端まで釣れます。

春や秋になると先端部で40センチ以上の大型のソイも釣れますので、
シーズンには多くのルアーマンが訪れます。

西防波堤はテトラから外海に向かって投げる人が多く、
ここも大型ソイが居着くポイントでもあります。

ヒラメも入ってくるのですが、手前はブロックが入っているため、
ルアーならばやや遠投できるタックルがあるといいです。

また春はカレイのポイントとしても知られ、
シーズン中の東防波堤の先端部は投げ竿が林立します。

基部のおだやかなところではチカコサバなどがサビキで釣れます。

またシーズンになるとマメイカヤリイカが釣れ出し、
夜通し餌やエギなどで狙う人で賑わいます。

トイレは複数箇所あり、女性でも安心して行きやすい港です。
漁船の往来が多いので、内海で釣りをする際は気をつけて下さい。

>> この付近の釣り船業者を探す

関連する海釣りポイント情報