Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

毘沙門港三浦半島の南端
岬と湾が入り組んだ場所にある釣りポイントで、
夏にはハゼが冬にはメバルが狙えます。

足元に注意が必要ですが、
毘沙門港から盗人狩(ヌスットガリ)と呼ばれる磯場に入ることができ
ヌスットガリは大物を狙う釣り人に人気があります。

小高い山に囲まれた南向きの港は風の影響を受けにくく、
春の乗っ込み期には大型クロダイの実績があり、
季節になればカイズ・アオリイカなども有望で、
釣ることのできる魚は豊富です。

夏のハゼ・シロギスなどはチョイ投げで釣れ、
アジや青物などの回遊魚がよく釣れるようになれば、
夕マズメで釣ったアジをエサにして、
泳がせ釣りで夜のアオリイカ
を楽しめます。

秋のフカセ釣りではカイズなどがよく釣れ、
冬にはメバルにウミタナゴなどがまじり、
堤防から船道を狙ってのカレイも侮れません。

大型への期待が高まるのが沖がやや荒れているときで、
沖やあたりの磯場から避難してきた魚を、
風や波の影響を受けにくい港内で狙うことができます。

港西側は立ち入りが制限されているので、
主な釣り場は港の東側
になり、
駐車できるスペースが少ないこともありますが、
ひどく混雑するようなポイントではありません。

お店は目の前に飲食店があるぐらいで、
周辺環境がよいとは言えませんが、
釣れる魚の豊富さや良型の実績はその分だけ高いので、
事前にしっかりと準備をして釣りを楽しんでください。

県道215号線沿いにあるので、
アクセスのしやすい釣りポイントではありますが、
駐車スペースが少ないので移動はバイクなどを使うと便利です。

>> この付近の釣り船業者を探す

関連する海釣りポイント情報