Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

愛媛県御五神島(おいつかみじま)
豊後水道の西海と由良半島の中間にある
潮の流れの速い広大な釣り場です。

御五神島本島周辺寝床島周辺
サステ島周辺にそれぞれ離れ磯があり、
グレ、イサキ、マダイ、ハマチ、ヒラマサ、
シマアジ、イシダイ
など多種多様の魚種が釣れます。

昭和40年代の開拓時期には
60cmオーバーの尾長グレが釣れ盛った実績もあります。

また昭和50年代はハマチ、ヒラマサフィーバーに沸き
午前と午後で磯を交代するヒラマサ方式なる
磯割が行われました。

現在は釣り人もそんなに多くなく、
中型グレとイサキなどの上物釣り
マダイ、ハマチ等のカゴ釣り
カラスガイやウニのエサのイシダイ釣りが有名で、
昔と変わらぬ人気の磯釣り海域です。

潮は満ち潮と引き潮が正反対に流れ、
離れ磯が多い為、狭い水道は川のように速い潮が流れます

全体的にはグレイサキは本当周辺やサステ周辺
ハマチは寝床島ヒラマサはサステイシダイは本島やサステ
マダイはどこでもOKという実績があります。

特にマダイは90cmオーバーの超大型が釣れ
専門に狙う釣り人も多くいます。

渡船業者は宇和島市の津島町周辺に集中しています。
渡船業者が多い為、自分の好みの渡船業者さんを選ぶと良いでしょう。

夜明け前に出航し、空が白み始めた頃
渡船が集結して抽選くじを引きます。

そのくじによって磯割が決められます

磯割はどのくじを引いても、寝床島、本島、
サステのどこかの磯が割り当てられている
ため、
磯割に対する不満は軽減されています。

御五神島の納竿は13:00~13:30と早く、
夢中になるとあっという間に迎えの船が来ます。

また渡船料金も他の海域より高い為(2017年現在一人7000円)
あまり混雑することはありません。

そして毎年春先にハマチの回遊が寝床島の1番と2番で見られ
この時期は昔のようにフィーバーしています。

アクセスは宇和島回り、
宿毛回りとも宇和島市の津島町を目指します。

渡船業者は津島町に集中していますが、
各渡船業者とも海沿いの道路にありますのでわかりやすいです。

宇和島市から近く、
それでも離島の雰囲気が味わえる御五神島です。

>> この付近の釣り船業者を探す

関連する海釣りポイント情報