Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

佐賀県仮屋湾は牡蠣、緋扇貝の養殖が
盛んに行われている小さな湾で、
唐津市内から30分前後で行ける距離です。

周囲を小高い山に囲まれているため
少々の風が吹いてもうねることも無く、
湾外が波高3~4mあっても湾内は1m前後と
かなりの差があります。

また風の影響を受けることも少なく
釣行が計画倒れになることもあまりありません。

仮屋湾での釣りは瀬渡しでの磯釣りイカダ釣り
ボートを養殖イカダにつないだカセ釣りが主です。

孝好丸という船がみんなを案内してくれます。
岸壁から竿を出しているお年寄りや子供たちも多いです。

以前はこんなこともありました。

イルカに追われたのか、
サンマの大群が湾内に入り漁港の中にまで入ってきたため、
大勢の人が港に押し寄せ、岸壁からサビキ仕掛けの竿を出し、
たくさんのお土産を釣り上げた持ち帰ったこともありました。

私の釣りのターゲットは第1にチヌです。

そのほかはマダイスズキを狙ったりしますが、
外道では良型のアジキスカワハギボラなどがよく釣れます。

記録では80cmを超えるマダイ60cmオーバーのチヌ
スズキも80cmオーバーが何度もあがっています。

残念ながら記録に残るような大物を釣ったのは私ではありませんが、
個人の記録としてはここで釣った52cmのチヌが最高記録です。

以来、何年も釣りに通っていますが
楚記録を超えるチヌにお目にかかっておりません。

もうひとつの仮屋湾での楽しみは、11月頃に解禁になる牡蠣です。
船長に頼めば釣りが終わるころにお持ち帰りの準備をしてくれています。

小粒ながら天然の牡蠣です。

冬場は家の外に置きっぱなしでも2~3日は持ちます。
緋扇貝のお土産もありますよ。

釣りと牡蠣、緋扇貝のお土産。

坊主の日でも奥さんや子供に美味しいお楽しみが土産があるのは
おまけのお薦めポイントです。

>> この付近の釣り船業者を探す

関連する海釣りポイント情報